謎怖 26巻(全20話)(2 / 3ページ)

スポンサーリンク

深夜のツーリングを楽しんでいると

  5年前の6月ぐらいに普通二輪の免許を取った。   それで、前から欲しかった400CCのバイクを買ってツーリングを楽しんだりしていた。   休日前の夜、暇だったので家の近くの山に軽く走りに・・・

マスオカくんと私

  大学時代に体験した話。   地元の障害児の施設で、ピアノ演奏のボランティアをすることになった。   きらきら星やシャボン玉など、何曲か童謡を演奏して歌った後、外で一緒に鬼ごっこや大縄跳び・・・

エレベーター内で感じた違和感

  私はビジネスビルの20階で仕事をしている。   昨日の夕方、一日の仕事を終えてエレベーターホールへ向かった。   やって来たエレベーターは上の階で乗り込んだ人達ですでにかなり一杯になって・・・

その言葉を忘れないと死んでしまう

  俺は小学3年生の時、『18歳までに忘れないと死んでしまう』という言葉を友人の畠山(仮名)から聞いた。   そんな言葉を聞いたこと自体忘れていたのだが、先日、その畠山から俺と一緒に話を聞いていた山岡・・・

聞き覚えのない男の笑い声

  子供の頃に住んでいた平屋での話。   一人で家に居た時、3つあるうちの真ん中の部屋で本を読んでいたら誰かが帰って来た。   うちは鍵は開けっ放しの家。   田舎だし、これでも全・・・

ドライブの果てに迷い込んだ村で

  彼女に振られた腹いせに、一人で山の方までドライブしていた。   行き先なんてどうでも良くて、「ただ道を走っている」という、目的なんて特にないドライブ。   そのうち、とある村に入っている・・・

別の空間に居たのかも知れない

  小学1年生の時の体験です。   私の家は学校から1.5キロほど離れていました。   その頃は横浜に住んでいて、家の近所には別の学校があったのですが、決められていた区分の境目に家があった為・・・

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ