謎怖 48巻(全20話)(2 / 3ページ)

スポンサーリンク

廃屋にいた先客の怪談会に耳を澄ますと

  これは、祖母から聞いた話。   祖母は昔、相当なお転婆だったそうで。   女学校時代は篭球部(バスケ)の主将を務め、袴姿で張り切っていた。   そんな祖母がある日、部の友人と&・・・

築200年近いオンボロ物置の2階にて

  これは、僕が小学生の頃の体験談。   実家(祖母の家)の農具などをしまってある木造2階建ての物置に、兄弟で探検した時のこと。   1階には古い農具がほとんどで、よく祖母の蔵整理を見ていた・・・

30年近くも挨拶をする仲のおばあさん

  これは、あるおばあさんと犬の話。   中学生の頃から私学に通い始めた俺は、いつも電車で通学していた。   家から最寄の駅に行く時、その駅の駐輪場で毎日、白と黒のパピヨン犬をまるで赤ん坊の・・・

筑波山へと続くひっそりとした道にはご注意を

  これは、『筑波山へと続く道』で何度も不可思議な体験をした話です。   僕が中高生の頃は、移動に自転車は必須でした。   何もない田舎なので、ちょっとした街へ遊びに行くにも30分から1時間・・・

8ヶ月前までは確かに存在感を放っていた廃墟

  これは、私が体験した少し奇妙な出来事です。   実家の近所には、大きな『廃病院』がありました。   ずいぶん古くて、頑丈そうな石造りの建物が数棟。   敷地も広く、中には小さな・・・

いつもは真っ暗な場所に灯っていた炎

  これは、奇妙な体験をした友人の話。   配達の仕事が終り、夜の山中を配送車で走っていた時のこと。   いつもは真っ暗な斜面に、灯りが揺れているのが見えた。   炎か? &nbs・・・

霊感の強い友人が心霊体験を語っていた時に

  これは、友人と怖い話をしていた時の話。   今から約10年前、大学生だった俺は、クラブの合宿で兵庫県の山奥のホテルに泊まっていた。   その日は合宿最終日の前日の夜で、練習日程は全て終わ・・・

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ