そのクラスメートは精神が壊れていった

図書館

 

そこは大きな図書館のようなところ。

 

2メートル近い本棚がいくつもあり、無数の本がとても綺麗に並んでいた。

 

そこを歩いていると、背表紙が5センチほど飛び出した本を見つける。

 

その飛び出しが気になって、本の背表紙にそっと触れて棚に押し込む。

 

途中で僅かな抵抗感を感じ、それでも押すと「プチッ」という音と共に抵抗感が解消される。

 

それは、なんとも言えない気持ちが良い感触だそう。

スポンサーリンク

次第におかしくなっていく

他にも飛び出した本がないかと辺りを探す。

 

見れば、それはいくらでもあった。

 

楽しくなって、飛び出した本を押し込む作業に没頭する。

 

「プチッ、プチッ、プチッ、プチッ、プチッ」

 

一通り押し込んだ後、不思議な満足感に浸っている。

 

クラスメートの綾子(仮名)は、そんな夢の話をしていました。

 

その次の日も、また次の日も、同じ夢の話をしていました。

 

次第に綾子はおかしくなっていきました。

 

目は虚ろになり、言動も理解不能で、訳の分からないことを言い出すようになりました。

 

ある日、学校に行くと、綾子が教室で暴れていました。

 

「本がない!本がない!」と言って、クラスメートの教科書や辞書を奪っては、「違う!違う!」と言っていました。

 

私はとっさに、「図書室に行けばあるかもしれないよ」と叫びました。

 

夢の話を思い出したからです。

 

すると綾子は私に近づき、持っていた辞書で私の頭を殴りました。

 

「潰れろ!」

 

そう言って何度も殴ってきました。

 

「気持ちよくない!気持ちよくない!」

 

綾子の顔は怒りに満ちていました。

 

でも目は涙で溢れていました。

 

私は気が付くと保健室にいました。

 

気を失って運ばれたそうです。

 

クラスメートの話では、騒動の後、綾子はみんなに取り押さえられました。

 

その後、騒ぎを聞きつけやってきた先生が警察を呼び、一応は落ち着いたそうです。

 

綾子は精神病院に入院したと聞きましたが、詳しい事情は誰も知りませんでした。

 

隔離病棟に入ったとか、廃人同然になったとか、そんな噂ばかりでした。

 

綾子があんな風になったのは、あの夢が何か関係していると私は思います。

 

夢が綾子を壊したのか?

 

それとも、何かで壊れたからこそあんな夢を見たのか?

 

いくら考えても私には分かりません。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ