地下鉄で眠り込んでしまい異空間へ

トンネル

 

異空間のような場所に行ってしまった時の話。

 

その日、就活で疲れ果てていた俺は、地下鉄の車内で眠り込んでしまった。

 

場所は横浜。

 

降りるのは路線途中の仲●台駅だったが、終着駅で車掌さんに起こされ、さらに夕方だったはずなのに降りると真昼だった。

 

周りには黒っぽい服を着た似たような人達がいて、駅は真っ白なトンネル状に天窓が付いた近代的なホームだった。

 

そこの駅の名前は複雑で、中国語のような旧漢字で『譬娜譌爬・・・』の羅列になっていた。

 

俺はその光景にビックリして、周りをキョロキョロとした後に固まった。

スポンサーリンク

うぢに帰れないんでず

とりあえず外に出ないで逆方向の電車に乗ればいいはずだと思い、なんとか反対側の電車に乗ろうとしたが、ホーム両脇に設置されている駅看板の表示は、逆方向も見知らない漢字の駅名になっていた。

 

外に出てバスを乗り継いだら帰れるか?とも考えたが勇気が出なくて、エスカレーターを降りたら駅の事務室があるかと思い、そちらに向かった。

 

すると、まだ駅構内のはずなのに、気付くと何故か外に立っていた。

 

真冬なのに太陽が明るくて、空の色はミカン色。

 

パニックになった俺は、就活の格好のまま走った。

 

走りながら携帯で自宅に電話をかけると、『この番号は間違っています』と言われ、目の前に見えたバス停留所の横に座ってカバンの中のカロリーメイトを食べた。

 

就活が上手くいかないのと、恐怖と、カロリーメイトを食べた喉の渇きで涙が出てきて、下を向いて泣いていた。

 

そして1時間くらいそうしていたら、近所のおばさんらしき人が「大丈夫?」と声をかけてくれた。

 

俺は泣きながら「うぢに帰れないんでず・・・」と言うと、「角を曲がって地下鉄にまた乗って!走って乗って!」と背中を叩かれた。

 

その時に何故か“雑誌を一冊”渡され、俺はそのまま持って走った。

 

走ったまま改札を強引に通り抜け、乗って来たのとは違う路線の地下鉄に乗り込んだ。

 

動き出した電車は長いトンネルをずっと走っており、俺は1時間くらいの時間をずっと立ったまま祈っていた。

 

途中、ラジオの雑音のような音が聞こえ、また泣いた。

 

「あぁ・・・喉が渇いた・・・」と独り言を言った途端、急に車内の雑音が消え、「次は中●~」というアナウンスが聞こえた。

 

電車が止まりホームに降りると、そこは現代の中●駅だった。

 

すでに日が暮れていた。

 

ちなみに、おばさんに渡された雑誌はまだ持っているが、それは20年くらい前に売られていた『オリーブ』という雑誌だったので、異空間へ行ったという証拠にはならないのが残念だ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “地下鉄で眠り込んでしまい異空間へ”

  1. はちまんぎ より:

    よ、横浜の某市営地下鉄青線…((
    帰れてよかったね…!!

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ