じいちゃんは大事な鉈を沼に落としてしまい・・・

金の斧銀の斧

 

俺のじいちゃんは林業をやっているのだが、イソップ寓話にある『金の斧』のような体験をしたそうだ。

 

そこには、じいちゃんしか使わないであろう山道を1時間くらい入ったところに小さな沼がある。

 

それは春の終り頃だった。

 

枝を鉈で落としながら道を確保していると、軍手をしている手から鉈がすっぽ抜けて沼に落ちた。

 

今まで沼は危ないからと近寄らなかったが、大事な道具だったので仕方なく沼のほとりに立った。

 

沼の大きさは、広いところでも直径5メートルくらい。

 

水の色は泥で黒く、浮き草のようなものもたくさん浮いていて底が見えない。

 

近くの手頃な木の枝を折って水を突いてみたが、枝の先はズブズブと沼に飲まれていつまでも底につかない。

 

じいちゃんはすぐ諦め、もと来た道を引き返し、釣り堀で使うような柄の長いタモ網を持って沼に戻った。

 

すると、沼のほとりにある小さい岩の上に、鍋のフタと錆びた糸きりバサミが置いてあった。

 

それを見たじいちゃんは思わず「これじゃない」と言ったが、気味が悪いからすぐ引き返した。

 

翌日、再びタモ網を持って確認しに行くと、鍋のフタと糸きりバサミは無くなっていて、(代わりに?)岩の側の桑の木にじいちゃんの鉈が刺さっていたそうな。

 

前日に探した時は見つからなかったし、水に落ちる音も確かに聞いたので、てっきり沼の中に落ちたとばかり思っていたそうだが、結局は「よく分からん」と言って首を傾げていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ