俺に何か特別な力があると信じ込んでいる両親

光

 

俺の両親は、俺を妊娠した時と産まれる時の夜に、お腹に光が入っていくような神秘的な夢を見たそうだ。

 

そのせいで、『あんたには何か特別な力がある』と信じ込んでいる。

 

家族で何か悩み事がある時(父の転勤に家族で付いて行くかどうかなどには、俺に最終決定を委ねてくる。

 

それが良くも悪くも、「神様はこっちを望んだんだろう」と言い合うような家族だった。

スポンサーリンク

神様が分離した?

俺自身は、20歳になる前に反抗期を経て、自分は平凡で何の特殊能力もないと理解していた。

 

しかし家族は、困った事があると誰かに相談するわけでもなく、躾(しつけ)も兄弟と同じようにされていたが、『ここ一番の決定を俺に任せる』という感じだった。

 

そんな中、昨年の話になるが、弟の子供(甥っ子)が病気になった。

 

最初はどの病院にかかっても、原因不明の病だった。

 

さらに、やっと病名がついたが、高額な治療費がかなり長期的に必要な難しい病だった。

 

聞けば、その治療費が払えずに諦める家族も多いという。

 

うちも例外ではなく、弟や両親の貯金では治療費が賄えず、実家を売って少しでも費用に充てるかどうかという切羽詰った話になったらしい。

 

そんな時、離れて住んでいる俺に両親が電話をかけ、「決めてくれ」と頼んだ。

 

結果的に『年末ジャンボ宝くじを買う』という事になった。

 

両親はさっそく、年末ジャンボ宝くじを30枚買った。

 

そして、大晦日の抽選発表の日がやってきた。

 

なんと当たっていた。

 

それも高額当選で、実家を売らずに何とか10年ぐらいは持ちこたえる事ができる程の額だった。

 

その10年の間に、甥っ子を襲った病が国から難病指定にされると、金銭面では何とかなるという。

 

ここから不思議な話になる。

 

しかし俺は、「お前の取り分だ」と100万円が口座に振り込まれた時に、それらの事を知った。

 

なぜなら俺は、両親からのその電話を受けたことはもちろん、「年末ジャンボ宝くじを買う」と答えた覚えもない。

 

それに、甥っ子がそんな大変な病気にかかっているということも初耳だった。

 

その当時、両親が俺だと思ってかけていた電話番号は、実際には俺の番号とは似ても似つかぬ番号だった。

 

試しにその番号にかけてみると、知らない男が出たがすぐ切られ、次にかけたら解約されていた。

 

母は、「よく親身になって相談に乗ってくれた。甥っ子の病院が決まらない時も、俺が県外にある病院を勧めてくれたおかげで結果的に病名が分かった」と話す。

 

さらに母は、「俺から電話番号を変えたと連絡があり、それがこの番号だった」と。

 

母はそう主張するが、俺はオレオレ詐欺か?とも思ったが、何の被害もなく、むしろ感謝するほど助けられたので何がなんだか分からない。

 

そんな母は、「お前の神様が分離したのか?」と言っていたが。

 

そして昨日、両親から電話がかかってきて、「今年も年末ジャンボ宝くじを買った方がいいと思う?」と聞いてきた。

 

俺は即答で「やめとけ」とは言ったものの、もし俺に宿っていた不思議な力が分離したのなら今の俺に何の能力もないので、はたして「やめとけ」と答えてよかったのか?と今さら悩んでいる。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “俺に何か特別な力があると信じ込んでいる両親”

  1. 匿名 より:

    神様がえこひいきしてくれる話って、神様に都合のいい人間が選ばれてるってことかな?
    同じ病気で治療が受けられなかった人は神に見捨てられたのか、悪神にみいられたのか?
    単に神様と縁がある人間のほうが少
    ないのか?

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ