空っぽのお菓子の箱がいつの間にか満タンに

ハンコください(お菓子)

 

これは、私が子供の頃に体験した不思議なお菓子の話。

 

私の家は親がギャンブル好きの為、根っからの貧乏でした。

 

学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。

スポンサーリンク

お菓子が減らない!?

そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込んでいる間は姉と留守番をすることが多かったのです。

 

それに、晩御飯は親が帰って来てから一緒に食べるので、まだ何も支度がされていない状況な上、お菓子などもなく、お腹を空かせて待つこともしばしば・・・。

 

それでもたまに買い置きのお菓子があると、それを姉と半分ずつ食べていたのですが、なぜか“お菓子が減らない”ことがしょっちゅうありました。

 

当時は『ハンコください!!』という、きのこの山風のお菓子が大好きだったのですが、姉と一つ一つ数を数えて綺麗に半分ずつしてティッシュの上に置いて食べていると、いつの間にか空っぽの箱がまた満タンになっていました

 

姉と二人でキャーキャー騒いだのを覚えています。

 

満タンのハンコくださいを食べ終えると、また満タンに。

 

嬉しくなって大事に戸棚にしまい、翌日に親がいる前で食べるともう増えず、少しふてくされながら箱を捨てました。

 

それからしばらく経った頃、親が不在でお腹がペコペコだった時に、何か食べる物がないかと戸棚を漁っていました。

 

すると、未開封のハンコくださいがあり、いつものように姉と二人で食べましたが、またしても“中身が減らない箱”になっていました。

 

こんなことが数回あり、空腹だった私たちはかなり助けられました。

 

今でもこの体験は姉も覚えており、「あまりにも空腹だったから神様がお菓子を足してくれてたんだろうね~」と言います。

 

空腹が招いた幻覚と言われればそれまでですが、私たちにとってはとても有り難く、大事な思い出です。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “空っぽのお菓子の箱がいつの間にか満タンに”

  1. 匿名 より:

    そうやってあなたが感謝したことで因果が消えたんですね。大人になって家庭をもったら子供に不自由な思いをさせない大人になってくださいね。

コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ