空のある一点を見つめたまま動かない人

空

 

その人は1年ぐらい前から見かけるようになった。

 

見かけるのは大体が私が車を運転している時で、その人は『歩道に突っ立って空を見上げている』ことが多い。

 

白髪混じりでボサボサの髪。

 

髪は首あたりまで伸びていて、男性にしてはまあまあ長め。

 

いつもくたびれた顔をしていて、口は半開き。

 

メガネをしていて、服装は黒っぽいジャージに、シワシワになったビニール袋を持って突っ立っている。

 

年齢を推測するのは苦手だけれど、たぶん40代ぐらい。

スポンサーリンク

現在も進行中・・・

その男性が突っ立っている場所も時間もバラバラ。

 

朝、昼、夕方、どの時間帯でも目撃したことがあるし、雨の日でも傘を差さずに突っ立っている。

 

私が勤めている会社の近所で見かけることが多いけれど、たまに隣町にも出現する。

 

勝手な決め付けだけれど、やけに行動範囲の広いホームレスだと思っていた。

 

それにしても、私が住んでいる所は田舎なのでホームレスは見たことがなく、尚更その男性は異質な存在に思えた。

 

見かけても、「ああ、またいるなあ」ぐらいにしか思わなくて、もしかしてホームレスではなくて近所に住んでいるのかとも想像した。

 

そんなことよりも、空のある一点を見つめたまま動かない方が気になった。

 

その男性を見かけるようになって1年ぐらいが経った頃、彼氏をドライバーに車で国道を走っていた時に、その男性を見かけた。

 

車は赤信号で止まり、ちょうどその男性は助手席側の道路の前方にいた。

 

隣町だったので、「行動範囲広いなあ~」と、つい呟いた。

 

それに彼氏が反応して「何が?」と言ったので、私はその男性を見つめて「あの男の人。職場の近くで、よく見ませんか?」と言った。

 

実は、私と彼氏は同じ会社に勤めている。

 

それに、私と彼氏は同じ営業部所属でもある。

 

お互い外回りで走っていることも多く、社用車はよく使う。

 

だから何となく知っているんじゃないかと思っていた。

 

でも彼氏から返ってきた言葉は、再び「何が?」だった。

 

「あの電柱の手前にいる人、よく職場の近所でうろついていません?」と言うと、彼氏は「・・・いや、怖い怖い。そういうの、お互い嫌いじゃないすか」と言った。

 

そんな会話をしていると信号が青に変わり、車はその男性から遠ざかっていった。

 

私は元々、幽霊とかそういうのは信じない人間なので、未だにあの時は彼氏が嘘をついたんじゃないかと疑ってしまっている。

 

でも、彼氏も冗談を言うタイプの人ではないことも知っていて、あの後は散々車の中で議論したけれど、答えは出ていない。

 

その男性は今でも見かける。

 

そして、私はこの男性の話を友人には一切していない。

 

なぜなら、怖いから。

 

今はモヤモヤしているだけで怖くはないけれど、未だにあの男性が何者で、何が目的で空を見ているのかが謎のまま。

 

あとがき

田舎特有の”あるある”なのか、うちの地元だけの”あるある”なのか分からないけれど、歩道の人通りはかなり少ないので、変な動きをしている人がいると凄く目立つ。

 

地元の小学生は、そんな目立つ人にはアダ名をつけたりもする。

 

大人たちも「最近あの人よく見るわね~」なんて、認知はしていることが多い。

 

だから、その男性もかなり目立つ。

 

もし何人かの友人にその男性のことを聞いて、「知らない」と言われるのが一番怖い。

 

田舎特有の感覚かもしれないけれど・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ