犬の散歩をしていたはずが

犬

 

これは、犬を散歩していた時に起きた不可解な体験話。

 

飼い犬の散歩は、家族の中で彼の役割なのだという。

 

その夕暮れも、いつものように犬を連れて裏山を歩いていた。

 

すると、急に引き綱がずっしりと重くなった。

 

引っ張ってもびくともしない。

 

「何を踏ん張ってやがるんだ?」

 

振り返った途端、目が点になる。

 

引き綱の先に犬はいない。

 

代わりに、彼が引き摺っていたのは『小さな石地蔵』だった。

 

その石地蔵には犬の首輪がしっかりと引っかかっている。

 

薄暗くなった山道、犬の姿はどこにも見当たらない。

 

首を傾げながら家に戻ると、門の所で犬が彼を待っていた。

 

嬉しそうに尻尾を振っている。

 

「何があった?」と尋ねてみても、返事が得られるわけもない。

 

とりあえず頭を撫でて、その日の散歩は打ち切った。

 

家族に話してみると、「これも何かの縁だろう」ということになり、裏山への登り口にその石地蔵を祀ることにしたという。

 

そして、誰が参っているのかわからないが、時折お供え物がされてあるそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ