害虫駆除の営業をしていた頃の怖い体験談

猫

※閲覧注意 (この話には気分を害する恐れのある描写が含まれています。本文を読まれる場合は全て自己責任のもとでお願いします)

 

これは10年くらい前、私が害虫駆除の営業をしていた頃の怖い体験です。

 

その日に伺う予定だったお宅は、以前に弊社でシロアリ消毒をしているお客さまでした。

 

私は訪問する前に前回の調査表を確認すると、備考欄に『猫屋敷注意!』と書いてありました。

 

色んなお客さまがいるので、私は「ああ、そういうタイプのお客さまか・・・」と思った程度で、あまり気にしていませんでした。

スポンサーリンク

想像を絶する臭い

約束の時間になり、私はお客さまのお宅に伺いました。

 

外から見る限りでは、築10年も経っていない、その辺りでは割と大きな2階建て物件です。

 

ただ、手入れしている様子はなく、庭は荒れ放題でした。

 

インターホンを押すと、すぐに家主が現れました。

 

一目でお気の毒と分かる感じの『猫ババア』でした。

 

(猫ババア=現在の訪問販売法には明らかに抵触するであろう、正しい自己判断を行うことが難しい方でした)

 

玄関を開けた瞬間から既に、動物を飼っている家特有の臭いがしました。

 

家の中は雑然としていて、床は足が張り付くほどにベタベタしていました。

 

さらに、強烈な臭いのため鼻で呼吸はできず、目が痛いくらいです。

 

部屋のあちらこちらに猫がいました。

 

通された部屋に5~6匹、途中にも2~3匹いたのに加え、気配や鳴き声を入れると裕に倍以上はいる感じです。

 

猫ババアがお茶を入れてくれましたが、飲む気にはなれませんでした。

 

私は長居は無用と、さっそく仕事に取り掛かりました。

 

作業衣に着替え、床下に潜ります。

 

突然ですが、『猫は死ぬ時に姿を隠す』と言いますよね?

 

どこに消えると思います?

 

床下にいました。

 

防毒マスクのおかげで臭いこそ分かりませんが、たぶん想像を絶する臭いだったはずです。

 

なぜならそこには、ミイラ化や白骨化したものから、まだ新しい死骸や腐りかけのものまで、確認できるものだけでも14匹の猫達がいたのですから・・・。

 

私はすぐにでも逃げ出したい気持ちでしたが、床下の状況を猫ババアに説明し、「このままでは不衛生だから、もう一度しっかり消毒をした方がよい」旨を伝えました。

 

すると意外にも、猫ババアは「猫達が可哀想。すぐに消毒してあげて」と、再契約の運びになったのです。

 

そこで受注のため会社に連絡すると、「死骸の始末はお前がして来い。でないと工事は請けられない」と言われました。

 

私が床下の猫の数を正確に数えることができたのは、一匹ずつ死骸を集めて回ったからです。

 

以上、茨城県H市の『猫屋敷』でした。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ