川面から蛍が舞うと人の声が聞こえ・・・

蛍

 

それは東北の北の辺りに住む武藤さん(仮名)が、夏の盛りにフライフィッシングに出かけた時のこと。

 

ある程度釣り歩くと、すっかり日も暮れ、川に夜がきた。

 

それでも、その日は結構パタパタと魚信があったので意地悪く釣り歩いていると、急に川が開け、いかにも釣れそうな場所が現れた。

 

今日の最後はここで締め括ろうと竿を振ると、突然ブワーっとホタルが舞い始めた。

 

ホタルは、まるで川面から湧き出すように飛び回り、川は幻想的な雰囲気に包まれた。

 

こんな量のホタルは珍しいなと思った途端、「川から人の声が聞こえてきた」という。

スポンサーリンク

「またホタルが出たか・・・」

最初は気をつけていないと聞き取れない程の声量だったが、徐々にその声は大きくなり、だんだんと内容が聞き取れるようになった。

 

集中して聞いていると、どうやらその声は、この辺りで小さな女の子が行方不明になり、その子をこれから近隣住民総出で捜しに出かける、というような内容の話だった。

 

武藤さんはその時点でかなり怖かったそうだが、怖さよりも好奇心が勝り、竿を振りながらつい聞いてしまった。

 

その声は本当に、テレビドラマを音声だけで聞いているような感じだったそうで、その娘の母親と思われる女性の声や、捜索を依頼された村人の声というように、はっきりと聞き分けができた。

 

そのうち、その声が佳境に入り、村人の声が「最後にここを捜そう」というようなことを言った。

 

この時点ではもう既に、今まさに見えない捜索活動が目の前で行われている、というような感じに聞こえた。

 

本当に何かの記録映像を見せられているかのように、音声だけが川面から聞こえ続けていた。

 

あまりにもリアルな会話が何もない川面から聞こえてくるので、武藤さんはとうとう怖くなり、「どうしたんですか!?誰かいるんですか!?誰かがいなくなったんですか!?」と川面に怒鳴った。

 

その途端、「ああああああああーーー!!」という、聞くに堪えないような女の悲鳴が聞こえた。

 

その悲鳴で完全に怖くなり、武藤さんは竿も折り畳まないままに川を飛び出し、停めてあった自家用車とは反対の方向に、すっかり暗くなった道をバタバタ逃げた。

 

しばらく狼狽(うろた)えていると、近くに家の明かりが見えてきた。

 

とにかく人の声が聞きたかった武藤さんは、不審者そのまんまの格好でその家に飛び込み、「すみません!誰かいませんか!」と呼び叫ぶと、奥から腰の曲がった婆さんが出てきた。

 

「とにかく喉が乾いているので水をください」と言って、婆さんがコップに入れた水を持って来てくれた。

 

なんと、おかわりまでお願いした。

 

水を二杯も飲むと、気持ちも落ち着いてきた。

 

婆さんが「何があったんだ?」というような事を聞くので、武藤さんは失礼な訪問を詫びながらも、今しがた起こったことをシドロモドロに説明した。

 

すると、婆さんは一笑に伏すどころか、沈痛な面持ちになってギュっと目を瞑り、搾り出すように「そうか、またホタルが出たか・・・」と悲しそうに呟いた。

 

婆さんが言うには、昔その川の近くに、県外から越して来た一家が家を建てて住んでいたのだという。

 

他の家の人が羨むほどにアットホームな家庭で、父母には三歳くらいの一人娘がいた。

 

ある日、その家の娘が遊びに出たまま帰らなくなった。

 

村人は必死に捜索したが、その村ではたまに行方不明者が出ることがあり、それにその行方不明者は大抵が川で死んでいたという。

 

夕方になっても娘が見つからなかったので、村人たちは半ば絶望的な気分で川を捜した。

 

果たしてその娘は、ホタルが飛び回る川のトロ場にうつ伏せになって浮いていた。

 

村人が目を背けた途端、母親が川へザブザブと分け入り、死んだ娘を抱きしめながら「ああああああああーーー!!」と、聞くに堪えないような悲鳴を上げた。

 

結局、娘を失ったその一家は、それからすぐに家を潰してどこかへと去った。

 

それからというもの、その川の近くで幽霊に会った、怖い体験をした、という話が聞こえてくるようになった。

 

それは必ず、夏の盛りの夕方、ちょうどホタルが飛び始める時間なのだという。

 

婆さんの話を聞くに、この家に血相を変えて飛び込んで来た人は自分が初めてではないらしかった。

 

婆さんの話を聞いた武藤さんは、怖いというより、妙に確信めいたような切ない気持ちになった。

 

というのも、自分が今釣りをしていた川は、わずかに湾曲した川が深い淵を形成するトロ場だったからだ。

 

なるほど、その川の上流で流された人がいるなら遺体はきっとそこに浮くのだろう、という確信があった。

 

その話を語り終えると、婆さんはツラそうな表情のまま家の奥へと引っ込み、二度と出て来なかった。

 

結局、武藤さんは家の奥に向かってお礼の言葉を言ってから、そっとコップを玄関に置いて帰った。

 

そのせいで武藤さんは以来、ホタルの飛び始める時間まで釣りをすることはなかったのだという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ