雨の降る晩に一人で琴を弾いていると

琴

 

私は箏曲を習っているのですが、これはその先生から聞いた話です。※筝曲(そうきょく)とは、「こと」の音楽の総称。

 

雨の降る晩、先生は一人で琴を弾いていました。

 

しばらくして疲れてきたので、そろそろ弾くのをやめようかと思ったそうです。

 

しかし、なぜか手が止まらない。

 

なにか、曲に引きずられて勝手に弾いてしまう、そんな感覚だったそうです。

 

先生は、まあ1曲弾き終わるまで弾いておくか、と思ってそのまま引き続けました。

 

すると突然、畳の上で衣擦れのする音がしました。

 

誰か部屋に入って来たのかと思ったそうですが、障子を開ける音はありませんでした。

 

おかしいなと思いつつも、手を止めることは出来ずに引き続けました。

 

その時、先生は異様な空気に鳥肌が立ち、「いくらなんでも気持ち悪い」と思ったそうです。

 

やめたいのに、やめられない・・・。

 

弾き続けてしまう。

 

ふと正面に妙な気配を感じ、視線を琴の弦から少し先の畳に移した時、そこには和服の裾から『白い足袋』が見えたそうです。

 

その白い足袋は、どうみても踊っている足さばきでした。

 

先生は、足元しか見えなかったというより、上を見ようにも視線をそれ以上あげることは出来なかったと言っていました。

 

気絶しそうになりながらも手が止まらない状態で、やっと弾き終わった時には白い足袋は消えてしまったそうです。

 

結局は何も分からず終いだったようですが、これは『琴の音に乗って踊りたい幽霊』だったのでしょうか。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ