峠越えの手前で起きた不思議な怪奇現象

峠

 

これは、私が大学生の時の体験話。

 

彼女のいない学生寮の男4人で、休みの前日などの深夜によくドライブをしていた。

 

それは夏休み前の暑い日、いつものようにアテもなく出発した。

 

友人の車は中古車でエアコンの効きが悪かった為、ずっと窓を開けていた。

 

アテもないので、普段通らないような道を進む。

 

山道に入り、周りに人家もなくなった頃、迷惑にならないと考えてカーステレオのボリュームを上げた。

 

しばらくして峠に差し掛かり、そしてもう少しで峠越えをするという所で突然、カーステレオの音声が途切れた。

 

いくら中古車とはいえ、カーステレオ自体は新品だったので少し不思議に思ったが、峠を下る頃に元に戻ったのであまり気にせず、そのままドライブを続けた。

 

特に目的もないドライブなので、夜景を眺めたりした後に、帰って麻雀をすることにした。

 

私たちは何も考えず、行きに不思議な現象の起こった峠のある道を走っていた。

 

峠に向かったところ、またもやカーステレオが鳴らなくなった。

 

そこで、何かあるのか確かめようということになり、峠に車を止めて下車した。

 

男4人ということもあり、その時はさほど怖くなかった。

 

虫の声も何も聞こえず、辺りには静寂が広がっていた。

 

音のない世界というものは不気味なもので、自然と4人全員が黙ってしまった。

 

月明かりと車のライトで辺りは見渡せたが、道の両脇は草が生い茂っており、特に何かがあるようには思えなかった。

 

すると突然、車を運転していた友人が「今、誰か喋ったか?」と、怯えたように私たちを見回した。

 

しかし、誰も喋っていない。

 

よく冗談を言う奴だったので、「脅かすなよ~」と私を含めた3人が彼に言った。

 

すると、『タチサレ』という声が頭の中に響いた。

 

私たち4人同時に響いたのか、次の瞬間、示し合わせたように車に乗り、無言のうちに峠を後にした。

 

結局、その日は麻雀などする余裕はなかった。

 

それ以降、その峠を通ることはなく、話題にすることもなかったのだが、卒業前にもう一度行ってみることにした。

 

2月の終わり頃、夜は怖いので昼間に出発した。

 

カーステレオを鳴らすことはなく峠に着くと、夏の間は草で見えなかったのか、“小さな立て札”を見つけた。

 

その立て札には、青い文字で以下のように書かれてあり、傍には何かを祀っているのか大きな石が置いてあった。

 

– – – – – – – – – – – –

ここには、
×××がねむっています。
××かにしてください。

– – – – – – – – – – – –
(×箇所は読み取れず)

 

私たちは”何か”を怒らせてしまったのだと感じて、全員で謝った。

 

結局、それが何だったのかは分からなかったが。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ