仕舞い忘れたボールが独りでに

ゲートボール

 

これは、同業者から聞いた話。

 

道路工事をしていた時のこと。

 

土場として借りていた空き地のすぐ横に、小さなゲートボール場があった。

 

休日には老人たちで賑わうらしいが、平日は誰もおらず、静かなものだった。

 

そんなある日の夕暮れ、土場にいると隣からボールを打つ音が聞こえてくる。

 

目をやったが、競技場には誰の姿も見えない。

 

ただ、仕舞い忘れたボールが一つだけ、コロコロと転がっていた。

 

作業に戻ろうとすると、再び「カンッ」と叩く音がして、ボールが独りでに転がった。

 

出来るだけそちらを見ないようにして、土場を後にしたそうだ。

 

後日、そこの老人会でその話をしてみた。

 

「知ってるよ。ワザとね、球を一つだけ出しっ放しにしてるんだ」

 

にこやかに、そう言われた。

 

あそこで楽しんでいるのは、老人だけじゃないのかもしれない。

 

そんなことを考えたという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ