地面の上でゆっくりと開いたり閉じたり

右手

 

これは、奇妙な体験をした友人の話。

 

浅い山で軽めのハイキングを楽しんでいた。

 

午後の中半、道脇の石に腰を下ろし、軽く食べて休憩しようとザックを開けた。

 

菓子パンを取り出していると、視界の隅に何か蠢(うごめ)く物がある。

 

顔を上げると、少し離れた道上に見慣れた形が落ちていた。

 

自分のものと同じくらいの大きさの、『人の右手』

 

ちょうど手首から上の部分が、地面の上で指をゆっくりと開いたり閉じたりしている。

 

白い肌に浮いた青い静脈が、いやに目に付く。

 

何を見ているのか理解するより早く、手はスススッと滑るようにこちらに向かってきた。

 

「うわぁ!」

 

思わず声を上げ、後ろに仰け反り、腰を下ろしていた石から転げ落ちた。

 

慌てて起き上がり辺りを見回すと、もう右手はどこにも見えない。

 

そしてまだ一口も食べていない菓子パンも、綺麗さっぱり無くなっていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ