もう氷を買わなくていいけれど

自転車

 

これは、うちのじいちゃんから聞いた話。

 

ちなみに、じいちゃんは随分と前に亡くなっている。

 

じいちゃんは鉄工所をやっていて、それはそれは腕利きの職人だった。

 

じいちゃんが若い頃、得意先に製氷所があったそうな。

 

その製氷所のオヤジが言うには、“毎朝氷を買いに来る若者”がいたそうだ。

 

出来たばかりの一抱えもありそうな氷の塊を買うと、自転車の荷台にゴムチューブで括り付け、よたよたと去っていく若者。

 

ある日、毎日欠かさず氷を買っていく若者に、製氷所のオヤジが尋ねた。

 

「なんで毎日氷を買いにくる?」

 

若者は答えた。

 

「隣町に引っ越した幼なじみの女の子が病気で自宅療養している。しばしば発熱するから、せめて氷で冷やせるようにと毎日届けているんだ」

 

若者は出勤前に氷を買って届けてから、仕事に行っていたらしい。

 

クーラーBOXなど無い昔のこと、真夏などは届ける頃には氷は溶けて小さくなってしまう。

 

それでも若者は、毎日毎日氷を届け続けたそうな。

 

そんなある日、いつもの時間になっても若者が現れない。

 

製氷所のオヤジは心配していた。

 

何かあったのか?

 

事故にでも遭ったんじゃなかろうか?

 

そんなオヤジの所に若者がふらっと訪れたのは昼休みになった頃だった。

 

「心配してたんやぞ!」

 

そう言うオヤジに、若者はポツリポツリと語り始めた。

 

「今朝、いつものように家の門を出ると、そこに彼女が立っていたんだ。驚いて色々と尋ねかけたが、彼女は何も言わずにただじっとこちらを見ているだけだった。

 

そして優しく微笑んでから、今日までありがとう、そう言って彼女は消えたんだ…」

 

彼は異変を感じて、すぐに彼女の家に向かったそうだ。

 

しかし、彼が到着した時にはすでに彼女は亡くなっていた。

 

容体が急変して、その日の朝方に。

 

じいちゃん曰く、「ずっと家から出られなかった子が、死んでやっと自由になって彼に会いに行ったんだろうな。悲しい話だよ」と言っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ