海で行方不明者なんて出ると

海の監視台

 

これは小学生の頃に教頭から聞いた話で、その教頭の友人の体験談。

 

教頭は昔ライフセーバーだったらしく、友人はその仲間だった。

 

海で行方不明者なんて出ると、夜中まで皆で横一列に手を繋いで探すそうだ。

 

発見が遅れた遺体は酷い有様のようで…。

 

目なんかは最初に取れる。

 

だから目の無い遺体がよく見つかる。

 

ある日、女性が海で溺れて行方不明になった。

 

友人たちは夜まで探したが、女性は見つからなかった。

 

その後も、それなりに長い期間をかけて探した。

 

それでも見つからない。

 

もう遠くに流されてしまったんじゃないか…。

 

皆は諦めムードに入りつつあった。

 

その日もいつも通りに夜まで女性を探していたが、やはり見つからない。

 

天気予報では嵐が来るらしく、海も荒れてきていた。

 

これ以上の捜索は危険だと判断し、沖に上がった。

 

海にはボロい小屋があり、ライフセーバーは番を決めて、2人組でそこに寝泊まりしていた。

 

その小屋はボロいせいもあって風でガタガタとうるさく、窓も2つあるうちの片方が閉まらないようなところ。

 

出入りする扉の鍵も簡素で、すぐに外れてしまう。

 

友人はその日、後輩と2人で小屋に寝泊まりする番だった。

 

後輩と共に酒を飲んでから、灯りを消して毛布を被り、そのまま就寝した。

 

夜中、友人は尿意を感じて目を覚ました。

 

当たり前ながらこのボロい小屋にトイレなんてないので、外で用を足さなくてはいけない。

 

外は嵐。

 

雨風が吹きつけ、小屋がガタガタとうるさく、気味も悪い。

 

仕方なしに横で寝ている後輩を起こす。

 

「…なんすか」

 

「おう、小便に行きたいんだけど」

 

「あんなに飲むからですよ。行ってくりゃいいじゃないですか」

 

そう言って、また眠ってしまう後輩。

 

でも1人では行きたくない。

 

我慢できない程でもないか…と寝転がると、あることに気がついた。

 

窓に星型の何か?と、わかめのようなものがへばり付いている。

 

風も強いし、きっとヒトデが飛ばされてへばり付いたのだろう。

 

そう思っていた。

 

しかし、眠れなくてその影をジッと見ていると、星型の影がだんだんと上に動いていくことにも気がついた。

 

妙だな?と、影がだいぶ上にいったところでハッとする。

 

あれはヒトデじゃない、人の手だ。

 

そのまま硬直していると、手がずるずると上がっていく。

 

窓の上部は開いている…。

 

そして、片方の手の指が開いた窓の隙間に掛かった。

 

ただ呆然と見ていると、女の顔が隙間から覗いた。

 

わかめのようなものは髪の毛のようだった。

 

そこでなんとか自我を取り戻して、隣にいる後輩を再び起こす。

 

その間、女は「あぁ…あぁ…」と呻きながら長い髪を揺らし、首を隙間にねじ込もうとしていた。

 

「おい、起きろ!」

 

「トイレなら1人で行ってくださいよ…」

 

「そうじゃなくて、あれ!あれ!」

 

後輩は気だるげに体を起こすと、友人が指差した方を見る。

 

「なんすか、あれ?」

 

「わかんねぇーよ!」

 

あまりの恐怖に男2人でくっ付いて震えながら、窓から顔をねじ込もうとする女を見る。

 

ただの呻き声だと思っていたものは、どうやら何か言葉らしいが、何なのかは聞き取れなかった。

 

「うぃ…けた…うぃ…けた…」と、顎が動いていない感じの喋り方だった。

 

しばらくすると女は諦めたのか、いなくなった。

 

ほっとしたのも束の間、今度は出入口の扉からドンドンと激しく叩く音がした。

 

鍵が外れてしまいそうだった。

 

「ひぃっ!!」と悲鳴を上げる2人。

 

「おっ、おい!お前、ドアを抑えろ!」

 

「い、嫌ですよ、先輩が行ってくださいよ!」

 

ガタガタと激しく揺れる扉。

 

2人は震えながら、なすすべもなく去ることを祈る。

 

ガタン!!

 

扉が開く。

 

目の無い女性が立っていた。

 

「みつけた」

 

その後の記憶はない。

 

ドンドンと扉を叩く音で目を覚ますと、気づけば朝になっていて、「何しているんですか?起きてください」と男の叫び声がした。

 

なんだ夢だったのか、と少しほっとした。

 

小屋から出ると、地元の漁師の人が「早く来てください!マグロが上がったんですよ」と言う。

 

マグロは”遺体”を意味する。

 

友人と後輩は遺体の上がった場所へ急いだ。

 

そして、友人は遺体を見て驚いた。

 

昨晩に見たものと全く同じだった。

 

目の無い、長い髪の女性。

 

早く見つけてほしくて俺らのところに来たのかな、と友人は言ったとか。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ