最終電車で乗り合わせた冴えない男

オタク

 

友人のK子は、

夜にキャバクラでバイトをしている。

 

酔っ払い相手のバイトなので

当然イヤな客も居るらしく、

 

その日も帰りの最終電車で、

思い出しながらムカムカしていたそうだ。

 

雨が降っているせいで

車内はジメジメしているし、

 

片手には買い物の紙袋、

もう片手には傘で、

 

電車が揺れるとどうしようもなく、

思わず「ああ~最低!」と吐き捨てた。

 

・・・すると、

 

目の前に立っていた男が、

「スイマセン」と呟いた。

 

見ると、

 

これぞアキバ系の典型みたいな

冴えないオタク男だった。

 

その男は痴漢に間違われたとでも思ったのか、

異常にオロオロとしている。

 

逆恨みというか何というか、

その態度がK子に火をつけてしまったらしく、

 

「ふざけんな!この野郎!」

 

と怒鳴ってしまったというのだ。

 

「ハハ、酷いなあ、お前。

そいつどうした?」

 

と訊くと、

 

まわりの客が『なんだ?痴漢か?』

とざわついたので、

 

さすがにちょっと冷静になったK子は、

まずいなとは思いつつ、

 

しかし今さら謝る事も出来なくなって、

俯いて黙っていたそうだ。

 

「恥ずかしいやら腹立たしいやらで

アパートへ帰ったんだけど・・・」

 

とK子は言った。

 

興奮気味でなかなか寝付けずに

翌朝寝坊したK子は、

 

慌てて部屋を飛び出したらしい。

 

「それでね、ドアを開けたらね、

ドアの前に男が立っていたの・・・」

 

昨日のアキバ系のオタク男が、

じっとK子を見て言ったそうだ。

 

「ごめんね」

「ごめんね」

「ごめんね」

・・・・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ