こんな時は霊に呼ばれているかも知れない

階段

 

深夜、急に喉が渇いて水を飲みに、2階から1階に下りた事はありませんか?

 

もちろんマンションやアパート、平屋建てに住んでいる方もいらっしゃると思いますが。

 

そんな時は“霊に呼ばれている”のだと、どこかで聞いた事があります。

 

ある日、私は急に喉が渇いて深夜に目が覚め、2階にある自室から1階の台所まで水を飲みに行ったのです。

 

階段を下り終えると、1階は電気を消しているので当然真っ暗でした。

 

左側奥に風呂場の脱衣所が見えるのですが、真っ暗なはずなのに何かが反射していました。

 

よく見てみると、そこには見知らぬ女が立っていたのです。

 

私は全身に鳥肌が走りながらも、もう一度確かめると、右下を見つめながらやはり見知らぬ人が立っている。

 

というのも、二度目に見た時は男か女か区別は出来ませんでした。

 

ただ髪が長いという点のみで、男にも女にも思える風貌でした。

 

体が硬直して放心状態で見つめていると、その人が突然こちらに目線を合わせ睨みつけてきました。

 

私は慌てて階段を駆け上がり、すぐに110番しました。

 

家中のカギを全て確認しましたが、きちんと施錠されたままでした。

 

以来、夜中に1階に下りる事はしなくなりました。

 

そして2階にもトイレを新たに作り、冷蔵庫も置くようになりました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ