木彫りの大黒様を拾ってきた親父の異変

大黒様

 

何でも拾ってくる親父の話。

 

10年ほど前に、親父が川から木彫りの大黒様を拾ってきた。

 

どうやら『大黒様=縁起がいい』と思ったようで、簡単に洗って床の間に飾った。

 

それから数日後、親父が謎の皮膚病を発症した。

 

炎症が酷く、背中と頭の皮膚がグジュグジュになっていた。

 

病院で薬をもらって塗るも、一向に改善しない。

 

一時期はさらに悪化していた。

 

「大黒様が怪しいんじゃないの?」

 

そんな話になり、木像の背中を見たらぱっくりと割れていた。

 

親父によれば、元から割れていたらしい。

 

「そんなもん拾ってくるなよ!」と家族で突っ込んだ後、とりあえずお清めなど色々やっていたら、数日後に親父の症状も改善した。

 

単に偶然が重なっただけかもしれないが。

 

しかし、ヤバイ病原菌が付いていたり、変なモノが憑いているかもしれないから、何でもかんでも拾ってくるのは止めるべきだと思った。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ