霊感のある女が言った事

友人に誘われて、

その知り合いのおなご衆と

バーベキューをする事になった。

 

夜の川辺で焚き火を囲んでいる夏の夜、

当然というか必然というか、

怖い話で盛り上がっていた。

 

各々持ち寄った怖い話も

一段落ついた頃、

 

まだ話してない子がポツリと 、

「私、霊感あるよ」

なんて言い出すもんだから皆大喜び。

 

あまり、非科学的な事は信じたくない俺は

彼女に証明してくれと言ってみた。

 

すると、「あんたの背後に、

おじいちゃんがいるよ」

 

っとまぁ、ありきたりな事を

言ってくれちゃうもんだから。

 

人相まで詳しく言い当ててくれと

まくし立ててみると、

ものの見事にピタリ一致。

 

少し怖くなって俺が黙ると、

畳み掛ける様に彼女が言う 。

 

「お墓参り全然してないでしょ、

おじいちゃん哀しそうな顔してる」

とまで言われ、

 

流石に俺も信じはしないものの、

「墓参り、行こうかな」

と思ってしまったその瞬間、

 

彼女は目をクワッと見開き

「今、お墓参り行こうって

思ったでしょ?」

と、図星をモロに突いてくれた。

 

なんでわかるんだと聞いたら、

「だって、おじいちゃんが

少しニコッとしたから」

 

それでも信じたくなかった俺だったが、

さすがに不気味になって引いていた。

 

そこで、すっかり肝を縮めてしまった俺を

見かねた友人が、

 

「俺もなんか見てくれよ」と言うと、

「あんたの車、白いセダンでしょ」

と、これもまた図星。

 

俺と同じく友人も、

何で分かるんだと問うと、

 

「その車、気をつけた方がいいよ」

 

俺も友人も2人揃ってビビってしまい、

ここらでお開きにしようという事にした。

 

その後、その時の事をよく考えてみると、

俺や友人に言った事は・・・、

霊感が無くても、誘導出来る話なんじゃ

ないだろうかと思った。

 

心の中で、奴はペテン師なんだろう

と思う様になっていた。

 

しかし、バーベキューの日から

一ヶ月ほど経った時、

友人が大事故を起こしたという

報せを受けて呆然とした。

 

幸い、命を失うまでには

至らなかったものの、

ムチウチと両足の骨折という

洒落になってない状態だった。

 

廃車となった

白い旧型のクラウンを解体した時、

ダッシュボードの裏側が、

大量の血で真っ黒になっていた

と友人に聞いた。

 

その血は友人のものではなく、

恐らくは友人の前の

所有者のものだろうとの事。

 

以来、少しだが非科学的な事も

信じるようになった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ