僕と猫のトム

小学校の頃、クラスの友人が

手から血を流していたので

ティッシュを渡してあげた。

 

どうしたんだ?と聞いたところ、

ムカつく猫がいたので捕まえて

水の入ったポリバケツに

放り込んだ際に引っかかれた、との事。

 

彼は捕まえたその状況を、

さも誇らしげに武勇伝の如く

クラスの仲間に話し、

仲間数人で猫がどうなったかを

今から見に行こうってなった。

 

現場に着くと、前日までの雨で

半分ほど水の入った

業務用のポリバケツの中で、 

体の半分以上が水に浸かり、

小刻みに震える弱々しい子猫が

今にも死にそうにしてた。

 

友人がバケツを足で蹴り倒し、

取り出した猫に「こいつ爆竹の刑にしない?」

と笑いながら皆に言った瞬間、

 

普段温厚な自分の中で何かがはじけ、

気がつくと俺は落ちているポリバケツを拾い、

思いっきりそいつの頭に投げつけてました。

 

さらに、そばの用水路に

そいつを蹴り落とす暴挙までやってしまった。

 

あっけにとられる他の友人達と、

腰まで用水路に浸かり半泣きのそいつに

「お前、そこから上がったら爆竹の刑だから」

と言い放つと、

弱って震える子猫を体操服で包み、

自宅に連れ帰りました。

 

翌日、そいつが用水路に落ちた際に

足を怪我してた事が判り、

担任や親からしこたま絞り上げられ、

そいつの3歳上の兄貴からも

帰り道で待ち伏せに合い、殴られた。

 

クラスでは浮いてしまうし、

猫一匹の為に散々な目に合ってしまった。

 

あれから12年。

 

トムという名前を付けたその家族(猫)は、

僕の布団の上で丸くなって息を引き取った。

 

猫で12年生きれば大往生だったと思う。

 

僕は固く冷たくなったトムに

「おつかれさま」とタオルをかけてやると、

トムがいつも登っていた庭の桜の樹のそばに、

丁重に埋めてあげました。

 

最初は人間不信で警戒しまくりだったトム。

 

最後は人間が大好きになってたトム。

 

そしてトムが大好きだった俺。

 

毎年春が近づくと、近所の桜よりも一足早く、

トムが下で眠る桜が花を咲かせます。

 

その度に、幼き自分が勇気を出して

行った行動を誇りに思う。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “僕と猫のトム”

  1. 通りすがりの名無し より:

    泣きそうになってしまった。

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ