不思議な人面犬との出会い

鮎

 

これは、私の友人から聞いた話。

 

渓流で一人釣りをしていると、背後から声を掛けられた。

 

「何しとるのかね?」

 

鮎を釣ってるんだ、そう答えながら振り向くと、そこには“異様なもの”が居た。

スポンサーリンク

中々に楽しい一時だった

身体は『赤犬』だったが、首から上の顔は『老爺』のものだった。

 

毛並みは綺麗にしてあり、きちんとお座りをしている。

 

驚いてポカンとしていると、その人面犬は再び口を開いた。

 

「鮎か。久しく食っておらんの」

 

その言葉を聞いて、何故か恐怖より先に親近感が生まれたという。

 

釣り上げた鮎を人面犬の前に置いてやり、良ければどうぞと勧めてみた。

 

「や、これはすまんの。ありがとう」

 

人面犬は感謝すること頻(しき)りで、大人しく鮎を喰らい始めた。

 

器用に前足で押さえながら、中々に上品な食べっぷりだったという。

 

生で良いのかと問うたところ、生が良いのだと答える。

 

「薄味が好みでの。人の味付けは、ちと合わん」

 

そう言ってカラカラと笑った。

 

人間の顔してるのに?と彼がおかしそうに訊くと、「そうよなぁ、おかしいわなぁ」と、これまた笑ってのける。

 

結局その日の午後一杯、人面犬は友人の横でゴロゴロとしていた。

 

他愛もない会話をしながら、時折お裾分けの鮎を齧(かじ)って過ごす。

 

人面犬は山や沢の事に色々と詳しく、感心させられる話題もあったらしい。

 

友人曰く、中々に楽しい一時だったそうだ。

 

日没が近付き帰り支度を始めると、人面犬が別れの言葉を口にする。

 

「楽しかったよ。また来い」

 

自分も楽しかったよと返し、別れを告げてから山を下りた。

 

友人はその後も、何度かそのポイントへ出掛けているのだが、あれ以来あの人面犬とは出会えていないという。

 

元気にしていたら良いんだけどな、そう言って友人は微笑んだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ