話せない夫の代弁をする妻

危篤状態になった患者さん、

既に意識はなく家族が集まった。

 

しかし小康状態となり、奥さんだけ残って

看病をしていたそうです。

 

まだ容態は予断を許さない状態で、

医師は付ききりで様子を見ていたのですが。

 

「今まで本当にありがとうございました。

 

主人がお礼に腕時計を差し上げたいと

申しております。

 

失礼かと思いますがお受け取りください」

 

と意識が戻らぬ患者の奥さんが

突然言い出したので、

 

疑問に思っているとその患者さんは、

突然心停止したそうです。

 

大慌てで蘇生処置をしたそうですが、

結局亡くなってしまいました。

 

奥さんは落ち着いてベッドの傍らの

引き出しからご主人の腕時計を取り出すと、

 

「主人が早く差し上げてくれと

申しましたので・・・」

 

と、そのお医者さんに時計を差し出したので、

大変驚いたと言うことです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ