今でも僕の宝物

ふとしたキッカケで、昔読んだ、

ある小説を再読したくなったんです。

 

本棚を探しましたが、当時、

読んだ本はすぐ売っていたせいか

見当たりませんでした。

 

無いとなると、

ますます読みたくなるもの。

 

そこで早速、地元の古本屋へ。

 

わりと有名な作家の小説なので

すぐに見つかり、

 

帰宅して読み始めました。

 

内容とオーバーラップして甦ってくる

当時の思い出に浸りながら読み進めると、

 

驚くべき事実に遭遇しました。

 

途中のページに鉛筆で書かれた、

8/15 PM6:00という文字。

 

これは僕が書いた文字であり、

この本は以前に僕が売ったもの

だったのです。

 

それは当時、付き合っていた彼女との、

デートの待ち合わせ日時の走り書きでした。

 

売ったのも買ったのも、同じ古本屋。

 

珍しい話ですが、

有り得ない話ではありません。

 

驚いた理由は別にあったのです。

 

今から6年前に彼女は交通事故で

亡くなったのですが、

 

その彼女の命日が、

8/15だったのです。

 

このデートは彼女が亡くなる

ちょうど1年前。

 

この奇妙な巡り合わせには、

本当に驚きました。

 

今でも、この古ぼけた文庫本は、

僕の宝物です。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ