いつも遠くから私を見ていた兵隊さん

ヘルメット

 

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。

 

その人はヘルメットを被っていて、その襟足には布がひらひらして、緑色の作業服のような格好で、足には包帯が巻かれていた。

 

小学生になって分かったが、まさに兵隊の格好だった。

スポンサーリンク

こんなにうまいものがあるんですね

その兵隊さんは、私が一人で遊んでいる時だけでなく、校庭で遊んでいる時や母と買い物でスーパーに行った時、いつでも現れた。

 

少し離れた所に立って、私を見つめている。

 

私以外には見えていないし、いつもいつの間にか消えている。

 

私も少しは怖がってもよさそうなものだったが、なにせ物心ついた時から傍にいるし、何よりその兵隊さんから恐怖心を感じるようなことは全くなかった。

 

キリッとしていて優しげで、古き良き日本人の顔という感じだった。

 

やがて私は中学生になった。

 

そんなある日、いつもと違うことが起きた。

 

テストを控えた寒い日、夜遅くに私は台所でミロ(ココア味の粉末麦芽飲料)を作っていた。

 

ふと人の気配がしたので横を見ると、兵隊さんがいた。

 

けれど、その日は手を伸ばせば触れるくらい傍にいた。

 

その時に私が思ったことは、「意外と背低いんだなあ」というくらいだった。

 

(それは何でしょうか?)

 

体の中に声が響いたような感じだった。

 

兵隊さんを見ると、まじまじとミロの入った鍋を見ている。

 

ミロって言っても分かんないよね・・・と思った私は、「半分こしよう」と言ってミロを半分に分けて、カップを兵隊さんに渡した。

 

(失礼します)

 

そう声が響いて、両手にカップを持ってふうふうしながら兵隊さんはゆっくり飲んでいた。

 

その時の兵隊さんの顔は、柔らかくてすごく嬉しそうだった。

 

飲み終わって、また声が響いた。

 

(こんなにうまいものがあるんですね)

 

少なくて悪いかな・・・と思った私は「おかわりする?」と聞いたが、兵隊さんはカップを私に手渡すと、敬礼してふっと消えてしまった。

 

また別の日に一人で家にいる時、クッキーを作っていた。

 

焼き上がって冷まそうとお皿に並べていたら、人の気配がしたので窓を見た。

 

すると、庭先に兵隊さんがいた。

 

私は「おいでよ」と手招きをしたが、兵隊さんはにこっとして首を横に振った。

 

あれ?と思っていると、兵隊さんは敬礼して、ふわっと消えた。

 

ヘルメットから出ていた布がふわりとしたことを覚えている。

 

それきり、兵隊さんは私の前には現れなくなった。

 

今でも兵隊さんのことを思い出す。

 

美味しいものを食べた時や料理が美味しく出来た時、「兵隊さん、どこかで美味しいものを味わえているかなあ」と。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ