可愛らしいほど仲の良い祖父と祖母

指をさす

 

これは、私の祖母の話。

 

駆け落ちして一緒になった祖父とは本当に仲が良くて、チャーミーグリーンの昔のCMのように可愛いらしかった。

 

祖父は最後にボケて、スイッチが入ると祖母に「浮気してるだろー、見たぞ」と夜中に起きて祖母を責めたり、タクシーを拾う高度な徘徊をしたりで、温泉病院に入ったのちに亡くなった。

 

最後は毎日ぬり絵を『仕事』として一生懸命にぬっては、「頑張って稼がないと、ばーちゃんに苦労させたくないからな」と。

 

そんな祖父が亡くなった直後、祖母の夢だか枕元に立ったのか祖父が現れて、ぬり絵が入っていた箱をしきりに指差して何かを言っていたという。

 

目が覚めて箱を開けると、ぬり絵の他にスケッチブックが入っていて、そこの1ページに祖母宛てに手紙が書かれていたそうだ。

 

内容はラブレターに近いもので、祖母は誰にも見せずに泣きながら読んで、いつも首から下げているお守りの袋に畳んでしまい、「これは私の宝物。私が亡くなったら一緒にお棺にいれてね」と笑顔で言った。

 

だから私たち家族も約束を守って、手紙は誰も読まずに一緒に入れてあげた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ