これからこのおうちにいいことがあるよ

猫

 

3年ほど前の事。

 

家に一人で居ると、物陰やら天井裏から「ガタッ、カリカリカリ」という音が聞こえてきた。

 

最初はネズミかな?やだな・・・と思っていたが、どうやらネズミではない。

 

歩幅や感覚、音の大きさがデカイ。

 

ハクビシンか!?と慌てつつ、家に何か被害が無いかチェックしたところ、何もない。

 

仏壇のお供え物にも変化なし。

 

何なのだ?と帰ってきた家族と共に首をひねって考えていた。

 

実は、家族も一人で家に居る時に同じ現象が起きていた。

 

翌日の夜、さあ寝るかとベッドに横になっていたら、「おどろかせてごめんね。いごこちよかったの」と、たどたどしく猫が喋った。

 

しかし、うちは猫を飼っていないし、家の中に入れるような侵入経路もない。

 

呆然としてその猫を見ていると、「ごめんちゃい」とばかりに頭をぺこりと一つ下げ、「これからこのおうちにいいことがあるよ」と一言告げて、しゅるりと透明になった。

 

肉球の足跡を一つ残して・・・。

 

翌週、ジャンボ宝くじで2等が当たった。

 

現在も物音は続いており、先日はその幽霊猫さんは祖母と一緒に眠ったらしく、「モフモフして温いのに不思議と暑くなかった」と祖母は幸せそうに語っていた。

 

座敷童ならぬ『座敷猫』のお話でした。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ