「くずは」と名づけた子狐

狐

 

もうずいぶんと昔の話になる。

 

俺の家は昔、珍しく『狐』を飼っていた。

 

家があった場所はかなり田舎で、近くに野生動物がたくさん住んでいた。

 

ある日、爺ちゃんが狐の子供を拾ってきた。

 

どうやら、死んだ親の傍に居たのを可愛そうに思って連れてきたらしい。

 

そうして飼う事になった。

スポンサーリンク

教えてくれたのかも知れない

母ちゃんは嫌がっていたけれど、ちゃんと病院に連れて行き、寄生虫やら何やらの検査もした。

 

名前は「くずは」と名づけた。

 

命名したのは婆ちゃんで、安部清明の母親の妖狐の「葛の葉」から取ったと言っていた。

 

意外と知られていないけれど、狐は人にめちゃくちゃ懐く。

 

それこそ、家族全員で可愛がった。

 

かなり馬鹿な狐だったけれど・・・。

 

それでも、学校から帰って来ると鼻をフンフン言わせて擦り寄って来るくずはは可愛かった。

 

そして俺が17歳の時、くずはは死んだ。

 

享年10歳。

 

本当に悲しかった。

 

人生で初めての家族の死は、かなり精神的にも辛かった。

 

家族全員がかなり落ち込んだ。

 

そんな時、婆ちゃんはくずはを「稲荷神社に連れて行こう」と言った。

 

稲荷神社の神主さんに無理を言って埋葬してもらった。

 

かなり嫌がっていたけれど・・・。

 

婆ちゃんいわく、「これでくずはもお稲荷さんになる修行を始められる。家から神様が出るんや」と言った。

 

悲しかったけれど、俺もこれで結構踏ん切りがついた。

 

心の中で、「お稲荷様になる修行がんばれよ!」と思った。

 

まぁ、馬鹿狐だったけれど。

 

それから時間が経って俺が大学生の時、当時一人暮らしをしていた俺の元に、ある日くずはが夢に出てきた。

 

相変わらず俺の言うことを何一つ理解しない馬鹿っぷりだったが、一緒に遊んで凄く楽しかった。

 

「お前ちゃんと修行してるのかよ」とは思ったが。

 

目が覚めた時、あれが夢とは思えないほどリアルな夢だった。

 

しかし最悪なことに、起きた時に物凄い倦怠感と吐き気、頭痛に襲われた。

 

それはもう立ち上がれないほどに。

 

仕方ないので救急車を呼び、緊急入院する事に。

 

「あの馬鹿狐、ほんと何しに夢に出てきたんだよ・・・」とは思った。

 

入院して2日目の事だった。

 

だいぶ体調が良くなった時、主治医が俺を呼び出した。

 

行ってみると微妙な面持ちで、「先日の突然の体調不良の原因は分かりませんが、精密検査の結果、もっと大変なことが分かりました。腎臓に癌を発見しました」。

 

本当に一瞬「え?」と思ったけれど、詳しく話を聞くと、腎臓に物凄く初期段階の癌を発見できたらしい。

 

腎臓癌というのは発見がとても難しく、大抵は症状が出始めた頃は手遅れな場合が多いらしい。

 

今回は偶然の入院で精密検査をしたから分かったと。

 

もし気付かずにこのままにしておいたら、30歳は迎えられなかったかも知れないと。

 

そして俺は片方の腎臓を摘出して、今も元気に暮らしている。

 

「もしかしたら、くずはが教えてくれたのかも知れない」と俺は思っている。

 

ただの思い込みかも知れないが。

 

あれから随分と時も経ったし、あいつも今頃は立派なお稲荷様になっているのかな、と最近思う。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ