兄弟とマイケルの絆

俺には昔、弟がいた。

 

7歳年下で、

兄バカって言われるくらい

可愛がってた。

 

弟も俺によく懐いてて、

近所でも評判の仲の良さだった。

 

中学の修学旅行に行く朝、

弟が行くなと言って泣き出した。

 

小学校の時もあったことなので、

困ったなーと思いつつも、 

特別驚いたりはしなかった。

 

俺が行ってる間、

マイケル(犬)の世話頼むなー

とか言ってなだめて、

ようやく出発した。 

 

一日目の夕方、

 

弟に呼ばれた気がして振り返るが、

いるわけがない。

 

俺も気にしすぎかな、

と思ってたんだけど、

 

なんとなく心配になって、夜に

宿舎の電話で家にかけた。

 

弟が出て、

何もなかったかと聞くと、

 

昼寝をしている時に

俺の夢を見たと言った。

 

不思議だったけど、双子とか兄弟って

テレパシーのようなものがあるって聞くし、

 

それみたいなもんかななんて、

ちょっと嬉しく感じていた。

 

二日目の夕方、

 

レクリエーションでいろんな建物を

見て回っている時、

 

俺は友達とふざけてて

道路に飛び出した。

 

といっても、

 

そこは建物の敷地内なので

滅多に車が通らない場所で、 

かなり油断してたんだと思う。

 

クラクションに驚いて振り返ると、

 

搬送用らしい大型トラックが

かなり目の前まで迫ってた。

 

ア、っと思った瞬間からだが、

突き飛ばされたような感じがして、

 

轢かれたー!

 

と思って目を閉じた。

 

だけど実際は危機一髪で

歩道に戻っていて、

 

結局すり傷程度で済んでいた。

 

トラックのあんちゃんが

慌てて降りて来て、

 

はねたかと思ったぞ!

と、こっぴどく叱られた。

 

その夜、また家に電話をすると

また弟が出て、

 

またまた俺の夢を見たと

言ってきた。

 

事故のことは話してないのに、

 

「どうろにとびだしたらいけないよ」

「はねられるとすごくいたいんだよ」

 

なんて言うもんだから。

 

ほんと俺たちには、

目に見えない絆があるんだな!

と浮かれていた。

 

だが、

翌日帰宅した俺を待っていたのは、

 

病院のベッドに寝たきりになっている

弟の姿だった。

 

母親の話によると、前日の夕方

買い物から帰って来ると、

 

弟が昼寝をしている部屋から

うめき声が聞こえる。

 

何事かと思って覗きに行くと、

弟が息も絶え絶えの様子。

 

何かの発作だろうかと慌てて

抱きかかえようとするが、

 

身体に触れると異常に痛がる。

 

途方に暮れて救急車を呼び、

運び込まれた病院で検査してもらったら、

 

結果は全身打撲。

 

だけど、うちはベッドじゃないから

落ちて身体を打つなんてことも無いし、

 

そもそもそんなレベルじゃないらしい。

 

まるで、車にはねられたかのような・・・

 

俺は、あの時助けてくれたのは

弟なんだと直感した。

 

俺のせいだからずっと付き添う!

と言って(当然誰も信じなかったが)、 

その日から泊り込みを始めた。

 

翌日、身の回りのものを

持って来てもらおうと、

家に電話をかけると弟が出た。

 

あれ? 

今病室にいるはずだよな・・・

 

なんで?

 

と思ってると、

すぐに母親の声に変わって、

 

聞き間違いかー、

とその時はあまり気にしなかった。

 

電話を切って病室に戻ると、

なにやら騒がしい。

 

弟の容態が急変していた。

 

その日の夜、

弟は息を引き取った。

 

俺はその後数ヶ月、

悲しみに暮れた。

 

動物が身代わりになるって話は

よく聞くのに、

 

どうせならマイケルが身代わりに

なればよかったのに・・・なんて、

 

かなり酷いことも考えていた。

 

高校に入って俺は、

家にあまり帰らなくなった。

 

弟のことを思い出すのが嫌で、

夜遊びばかりしていた。

 

ある日、いつものように遊び歩いていると

家から電話が。

 

またか、と思っていつもなら無視するけど、

その時はなぜか出てみる気になった。

 

すると、聞こえてきたのは弟の声。

 

『おにいちゃんはやくかえってきて、

ぼく、マイケルとあそんであげられないよ』

 

それだけ言って、

電話は切れてしまった。

 

俺が慌てて家に帰ると、

母親が電話中だった。

 

俺に電話がかかってきた時間も

話していたと言う。

 

だけど、履歴にはちゃんと

『自宅』の表示が。

 

玄関から追いかけて来たマイケルが、

じーっと俺の顔を見ていて。

 

その顔を見ていると

むしょうに泣けてきて、

 

俺はマイケルに謝りながら

一晩中泣いていた。

 

今はそのマイケルも、かなり

じーさんになってしまったが、

 

ちゃんと最後まで

俺が面倒を見るつもりだ。

 

ただひとつ気になるのは、

 

今も家に電話をかけると時々、

最初に弟の声が聞こえることがある、

 

ということ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ