まるで誰かとお話しをしているみたいだね

墓地

 

先週の土日、5歳となった娘のユイを連れて、ばあちゃんの墓参りに行った。(名前は仮名)

 

生まれはここではないが、どこか懐かしく、ゆったりとした時間はあっという間に過ぎていき、帰る日となった日曜の夕方の事。

 

妻に「ユイは庭にいるから連れてきて」と言われ、見に行く。

 

楽しそうに一人遊びをしている娘に声をかけ、車に先に乗らせた。

 

そして高速を走り始めてから1時間、娘は未だに一人でヒソヒソ話しては楽しそうにニコニコしている。

 

「ユイちゃん、なんだか楽しそうね。ママとパパもお話したいな~」

 

「そうだな~。ちょっと寂しいな。でもまるで誰かとお話しをしているみたいだね~」

 

「そうだよ!○○ちゃんとお話しをしてるの。朝から一緒なんだよ。じいちゃんの事いっぱい教えてくれるよ!」

 

娘が言ったその『○○ちゃん』とは、ばあちゃんの名前だった。

 

(えっ!?なんか連れてきちゃった?)

 

俺は少し焦りながらじいちゃんの事を少し聞いてみると、正確な答えが返ってくる。

 

(これはマジだ・・・こんなに知っているはずがない)

 

それは、娘が生まれる前の事でさえも答えられる。

 

困った俺は娘に向かって、「ばあちゃん!わかったわかった!来月また行くから今は帰って(笑)」とお願いした。

 

訳も分からず半笑いになった俺に、「待ってるよ!だって!!」と娘が答える。

 

結局なんだか分からないまま、それから3日が経った今日の事。

 

ばあちゃんのアルバムを引っ張り出して、娘に見せてみた。

 

「これ!○○ちゃんだ!」と指された写真には、20代の頃のばあちゃんが写っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ