見届けてくれていた先生

中学生の頃の話。

 

受験を控えた3年生になり、

新たなクラスメイトになれた頃、

合唱コンクールが開かれることになった。

 

担任は、熱血理科教師で、

かなりわかりやすい授業をしてくれて

厳しいながらも生徒思いの先生だった。

 

コンクールは、まず学校内で

簡単な発表会を行い、

それで各学年から代表クラスが選ばれる、

という方法だった。

 

うちのクラスの場合、女子がやる気で、

男子はそれに乗せられつつ頑張り、

市内音楽会への切符を手に入れた。

 

市内音楽会前日、担任は、

「頑張れば何でも出来る、

だけど、頑張るのが難しいんだ。

お前らは頑張った。後は自分の体が覚えてるよ」 

って、みんなに言った。

 

かなり真剣な表情だったので、

よく覚えてる。

 

音楽会当日。

 

出発間際になって、

いきなり引率の先生(担任じゃない人)

「○○先生(担任)が入院した」 

って言うんだよ。

 

昨日まで元気だった人が、

なんでいきなり・・・、とか思ったけど。

 

その先生が言うには、軽い怪我だ、

ってことで一応は安心して、

自分たちの出番になったんだよね。

 

それで、課題曲を歌い終えて、

自由曲の「心の瞳」ってのを歌い始めた。

 

担任がすごい好きで、

熱心に指導してくれた歌だった。

 

それで間奏の時、ふと座席の方を見たら、

担任が手を振ってて、

すごいにこやかに笑ってたんだよ。

 

めったに笑わない

実直な先生だったのに。

 

ふと、そこで思ったんだよ。

軽い怪我で入院なんかしないって。

 

「心の瞳で~君を見つめれば~

愛すること~それが~どんなことだか~

わかりかけてきた~」

 

曲が盛り上がってるとき、

隣のやつが泣いてるんだよ。

 

俺も、もしかしたらっていうか、

かなり直感的にそう思ってた。

 

歌い終わって、みんな、

○○先生いたよね、いたよねって話してて、

俺は、泣いてた隣のやつと無言で座ってたんだ。

 

みんな先生を探すんだけど、

いないんだ。

 

絶対、笑ってたのに。

 

学校に帰って、帰る準備してると

教頭先生が教室に来て、

「○○先生が、先ほど亡くなられました」って。

 

みんな、泣いたよ。

むしろ、信じたくなかった。

 

なんでも、音楽会前日、

車で帰る途中に飛び出した子供を避けて、

思いっきり電柱にぶつかって、

助け出されたときは虫の息だったらしい。

 

葬式の時、自分らの願いと、

先生の親御さんの承諾で

「心の瞳」歌ったんだよ。

 

そのとき遺影に写る先生が、

少しだけ笑って褒めてくれた気がした。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ