猫のミャーさんと俺の誕生

猫

 

あなたは『猫が一生に一度だけ人の言葉を話す』という噂をご存知でしょうか?

 

これは、俺が生まれた頃の話。

 

当時、うちでは猫を二匹飼っていた。

 

その事を知った最近、親父に「こうこうなんだけど、ミャーさんは喋った事ある?」と聞いてみた。

 

ミャーさんとは猫の名前だ。

 

そしたら、「一回だけある」と親父。

スポンサーリンク

お前が生まれたからミャーさんは・・・

ミャーさんは保健所に連れて行かれそうになったところを、母が「引き取り手を捜してみる」と言って引き取った。

 

しかしミャーさんは母に懐き、結局はうちで飼う事にした。

 

そうして一緒に過ごすうちに、元々は猫嫌いだった父にも懐いた。

 

父もミャーさんを段々と好きになっていったようで、今ではすっかり猫好きに。

 

父曰く、ミャーさんは賢い猫で、外に出ても必ず家に帰ってくる猫だった。

 

そうして暮らすうち、俺が生まれた。

 

病院から赤子の俺が家に初めて来た時、ちょうどミャーさんも外から帰って来た。

 

母が「私たちの子供だよ~」と言ってミャーさんに俺を見せると、ミャーさんは俺の匂いを少し嗅いだ後、にゃーと鳴いたそうな。

 

そしていつも外へ行く時に使う窓の前に行き、にゃーにゃーと『開けて』の合図を送ったという。

 

いつもは一回帰って来たらもう出ないのに?と思いながらも、父は窓を開けてあげた。

 

でもミャーさんは外には行かず、にゃーにゃーと鳴き続けるだけだった。

 

どうしたん?と父が顔を近づけた時、ミャーさんは人の言葉を喋った。

 

「ありがとう」と。

 

えっ?と父が驚いている間に、ミャーさんは外に出ていった。

 

そして、それきり二度と帰って来なかった。

 

その「ありがとう」は父しか聞いていないらしく、その場にいた母は「普通に鳴いて出ていった」と今も言っている。

 

人の言葉を喋ったから出て行ったのかは分からないが、親父は「お前が生まれたからミャーさんは自分の居場所がなくなったと思って出て行った」と笑いながら言っていた。

 

冗談でも酷いよ親父・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ