庭を見ると女の子が一人しゃがんでいた

女の子

 

昔の事になるが、お盆休みに実家へ帰った時の話。

 

その日、私はレポートを作りながら母の買ってきてくれたお菓子を食べていた。

 

家には親戚が集まっていたけれど、ちょうどみんな街に買い物へ出掛けていた。

 

そんな時、庭を見ると女の子が一人しゃがんでいるのに気付いた。

 

浴衣姿の幼稚園児くらいの子供だった。

スポンサーリンク

音や声もちゃんと覚えているのに

雨が降りそうだったので縁側に呼ぶと、女の子は縁側にいた猫の尻尾で遊び始めた。

 

「あははは」と笑っては、「猫ちゃん」とか言っていた。

 

名前を聞くと「きみちゃん」と答えたので、クッキーをあげると3つ食べた。

 

喉が詰まるかもと思い、私は「お茶を持ってくるからね」と一旦台所に行き、麦茶を持って戻ると女の子はいなくなっていた。

 

あれ?と思った私は、母が2階にいたので従姉妹の娘だと思い込み、「はとこちゃん来た?」と聞いた。

 

すると、母は布団を出しながら「はとこはみんなと買い物に行ったよ」と言う。

 

じゃあ今縁側にいた子は誰かな?と私は思う。

 

両隣は留守だし、周りのお宅からは距離もあるから子供は一人で来られない。

 

結局は分からないまま次の日に墓参りに行き、墓石の裏を見ると『昭和○年 キミ子 四才』とあった。

 

聞けば、祖母の妹だった。

 

庭で見たあの子がキミ子ちゃんかどうかは分からない。

 

でも母に前の日の不思議な出来事を話すと、それからは毎年縁側にお菓子とお茶を供えるようになった。

 

余談になるが、霊なのにあんな普通にお菓子を食べるのか?と今でも疑問に思っている。

 

クッキーを食べていた時のサクサクした音や、小さく「おいしい」と言った女の子の声もちゃんと覚えているのに。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ