おじいちゃんの愛の深さ

ある日、おじいちゃんに

痴呆の症状が現れた。

 

数十年も連れ添った、おばあちゃんが

亡くなった直後だった。

 

今まで、典型的な明治男である、

厳格なおじいちゃんのムスッとした

顔しか見たことが無い私。

 

満面の笑みで饅頭を頬張る

おじいちゃんは、

 

まるで別人のようでした。

 

「困ったもんね・・・まるで子供だわ」

 

母が苦笑して涙をこぼしながら、

おじいちゃんを見守っています。

 

ある日、おじいちゃんが縁側で、

誰かと話している声がしました。

 

また、痴呆のせいで独り言を

言ってるのだろうと思い、

 

聞き耳を立てると・・・

 

「ふう・・・こうやって

ボケたフリをしている時しか、

 

お前(おばあちゃん)は俺を怒りに

来てくれないんだもんなぁ・・・

 

まったく・・・」

 

私は、おじいちゃんの愛の深さに

涙が止まりませんでした。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ