おもちゃを探す幽霊

以前、毎日新聞の記者さんが

知人から聞き、掲載した話です。

 

ある日の雨の降る夜、

会社から家路を急いでいたAさんが、

田んぼのあぜ道で、

何かを探している人に気付きました。

 

「どうしました?」

 

Aさんが問い掛けると、

その男性は消え入りそうな声で、

こう言いました。

 

「長男に買ってきたオモチャが

見つからないんです」

 

「そうですか・・・。

一緒に探してあげましょう」

 

Aさんは泥が付くのも嫌がらず、

一緒に探しました。

 

でも、どんなに探しても、

全然見つかりません。

 

二人で泥だらけになりながら、

雨の中を必死で探しました。

 

「無いですねぇ・・・」

 

と何気なく男性の横顔を

見たAさんは、

おかしな感覚を覚えました。

 

「・・・あれ?この人

どっかで見た様な・・・」

 

でも、そんな気にも

留めませんでした。

 

「無いなぁ・・・困ったなぁ・・・」

 

そう言う男性を慰め、

ほんのちょっと下を向いた時に、

男性の気配が無くなりました。

 

「あれ?」

 

周りをいくら見渡しても、

男性の姿は見えません。

 

「おっかしいなぁ・・・」

 

不思議なもので怖さは無く、

泥だらけの姿で家に帰りました。

 

その泥だらけの姿を見た母親から、

「どうしたの?」

と尋ねられたAさんは、

今あった事を母親に話ました。

 

見る見るうちに、母親の顔色が

変わっていきます。

 

「どうしたん?」

 

そう言うAさんの前に、母親は

古いアルバムを持って来ました。

 

「その男の人って・・・、

この人かい?」

 

Aさんがアルバムを見ると、

そこには幼いAさんを抱いた、

さっきの男性が写っていました。

 

「あ・・・」

 

Aさんは言葉を失いました。

 

母親は、Aさんが小さかった頃に

他界した、父親の話をしてくれました。

 

おもちゃを買って帰る途中、

車にはねられる事故で他界した事も。

 

「あんたが一緒に

探してくれて良かった」

 

と母親は号泣したそうです。

 

以上がそのお話です。

これは全て作り話です。

 

毎日新聞の記者も、

ウソだと知って掲載したそうです。

 

その記者は、この文章を、

こう括っています。

 

これはウソの話ですが、

僕は、このおもちゃを探す幽霊が、

大好きです。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ