霊場として知られる恐山に伝わる民話

恐山

 

これは、青森県にある恐山の辺りに伝わっている民話の一つ。

 

恐山は日本有数の霊場としてあまねくその名が知られており、古くから「ここに来ると死んだ者に再会できる」との言い伝えがあった。

 

そんなわけで、江戸の昔には「伊勢参り」ならぬ「恐山参り」が流行していた。

スポンサーリンク

恐山で故人に再会

恐山の麓にとある旅籠(はたご)があり、そこに治助というヤクザ者が逗留していた。

 

この治助は生まれてまもなく両親が死に、その不幸な身上故に不良となった。

 

やがて博打に狂った末、ついには身上を食い潰して追われる身となっていたのだ。

 

そんな治助にとって、故人の霊恋しい年寄りしか寄り付かない恐山の麓の旅籠は、フケる場所としてはちょうど良かったのである。

 

相部屋が当たり前だった旅籠においても、昼間からただただ陰気な顔で酒を喰らい、好奇の目を寄越す客を逆に睨み返す治助の存在は異様だった。

 

相部屋の客は来る日も来る日も入れ替わり、治助以外の客は恐山で再会した故人の話に花を咲かせていた。

 

「あの世に行くと歳を取らないんですねぇ。あいつ、死んだ時のままだったんですよ」

 

「霊が現れたので、思わず尻を少し動かして座る場所を開けてやったら、幽霊に笑われてしまいました」

 

そんな話を、治助は内心苦々しく聞いていた。

 

(親の顔すら知らぬこの俺には、会いたいと思う人間もおらぬ。第一、死んだ者に再会してどうなるというのだ。全く陰気な旅籠だ)

 

来る日も来る日も見ず知らずの死人との思い出話を聞かされ、そのうちほとほと嫌気が差してきた治助は、ついにこの旅籠を出ることにした。

 

夏の暑い日の昼であった。

 

ごそごそと荷物をまとめていると、夫婦の客が音もなく部屋に入ってきた。

 

なんだこいつら?と顔をしかめた治助の前で、夫婦は低い声で話し始めた。

 

「蝉の声も久しぶりですねぇ」

 

「あぁ。娑婆(しゃば)に戻ってきたのは何年ぶりになるかな」

 

「20年近くになりますね」

 

「そうか。もうそんなになるのか・・・」

 

蒼白の顔で、夫婦はなおも話し続けた。

 

「あの世では河原石を積み、崩すだけなのに、娑婆はまったく綺麗なものだ」

 

「仕方ないでしょう。生まれて間もない子をここに置いてきてしまいましたから」

 

「俺たちはその責め苦を追っているんだろうな。親として当然の報いだろう」

 

「お前さん、この世に残してきたあの子は無事でしょうか」

 

「きっと無事さ。親がいなくても子は育つと言うだろう」

 

「生きているといいですがね・・・。ちゃんとカタギに育ったでしょうか」

 

「言っても仕方ないことだ。さぁ帰ろうか。お前が成長した我が子を見たいというから帰ってきたが、残念だったな」

 

「私たちの村も家も無くなっていましたねぇ」

 

「20年も経っているからな。この世のことは諦めて帰るとしよう」

 

「そうですね。一切を諦めて帰るとしましょうか」

 

夫婦は涙を流しながらそんなことを語り合っているのだった。

 

そして最後に、妻であろう方が治助に気付くと、静かにこう言った。

 

「おや、あなた様も、亡くなった方に会いに来たのですか?」

 

「やめてくれぇ!!」

 

治助は突然悲鳴のような声を上げ、頭を抱えて裸足で表に飛び出すと、そのままどこかへと走り去っていった。

 

それ以後、治助の行方を知るものは、今も昔も一人もおらぬという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ