死んでも人を助け続けている先輩

海水浴場

 

兄貴が大学生の時の話になるが、サークルのメンバーと海に行ったそうだ。

 

そこはわりと穴場なスポットで、海岸と砂浜の境目のような場所だった。

 

穴場と言っても、海水浴場だし、ライフセイバーももちろんいる。

 

それに地元の子供達も泳ぎに来ていて、そこそこ込み合ってもいた。

 

皆で泳いでいると、沖の方に出ていたゴムボートが波でひっくり返され、乗っていた子供達が投げ出されてしまった。

 

その時それに気が付いたのは、兄貴とサークルの先輩の二人だけだった。

 

そして兄貴は、先輩と二人で子供達を助けに行ったそうだ。

スポンサーリンク

偶然かもしれないが・・・

しかし、そのガキ共が馬鹿ばっかりで、パニックになって暴れたらしい。

 

幸い6人いた子供達は全員無事だったのだが、先輩が最後の子供を助けてすぐ倒れてしまった。

 

子供達を助けて体力を使い果たしており、さらには危険なクラゲに刺されてしまったようだ。

 

すぐさま救急車で病院に運ばれたが、ショック症状を起こして死んでしまった。

 

その死んでしまった先輩は本当にいい人で、正義感の塊のような感じの人だった。

 

サークルの皆も、なんで馬鹿なガキ共のせいで先輩が死んでしまったんだ、と泣いていたという。

 

兄貴は、家に帰ってきてからも泣いていた。

 

そして次の年の先輩の命日に、再びサークルのメンバーでその海に行った。

 

花束を海に投げ込んで帰ろうとすると、何やら砂浜が騒がしくなっていた。

 

どうやら、近くの崖から足を滑らせて落ちた女の人が流れ着いたという。

 

かなりの高さの崖だったにもかかわらず怪我はかすり傷程度で、意識もハッキリしていたようだ。

 

そしてうわ言のように、「海に落ちたら男の人に手を掴まれて岸まで運ばれた」と言っていた。

 

さらにライフセイバーが、「一週間前に溺れた子供も、お兄さんに助けてもらったって言ってたんだよなぁ」などと言っては首を傾げていた。

 

まさか!?と思って話を聞いてみると、それが死んでしまった先輩の特徴とピッタリ一致していた。

 

偶然かもしれないが、「先輩は死んでもその海で人を助け続けている。そう思いたい」と兄貴は言っている。

 

そして兄貴は今でも、夏になると花束を持ってその海に行っている。

 

このままだと兄貴も、いつかはその先輩と同じことになりそうだ。

 

俺がしっかり見ておかないと・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ