死んでも自由なおじいちゃん

え~っと、

うちのお母さんの話なんだけど。

 

うちのおじいちゃん、

小さい時からいつも無精髭伸ばしてて。

 

あたしが小さい時も、

遊びに行って帰る時とかにわざと、

 

『ブブーッ』って音立たせてホッペに

チュウしてくれて、

 

髭がチクチクして、

『わ~~~~っ!!(笑)』って。

 

嬉しいながらも

キャーキャー騒いでたんだけど、

 

あたしが中学生の時に死んじゃって。

 

凄く大好きなおじいちゃんだったから、

おかあさんと寂しがってはいたんだけど

自由気ままなおじいちゃんだったから。

 

重い体が無くなって、今は自由かもねって。

凄く寂しいけど、あったかい気持ちで。

 

何年後かなぁ、ある日、

お母さんが友達関係だったかな、

 

悩んでて。

 

それで悩んだまま寝たんだけど、

次の朝起きたらちょっとビックリした顔で

嬉しそうに言うの。

 

「昨日さ、夢でおじいちゃんが

あたしのホッペにチュウしてくれたんだよね、

元気だしなさいよ~って感じで。

 

ほら、いつもわざと音立ててチュウするし、

髭もチクチクしてたからさ?

 

朝起きたらその感触が残ってるんだよね。

励ましに来てくれたのかなぁ~(笑)」って。

 

なんか本当に嬉しそうで、

あたしも凄く逢いたかったから

羨ましくって。(笑)

 

絶対におじいちゃんが来てたような

気がするんだよねって。

 

でも可笑しかったのが、

それを次の日おばあちゃんに話したら、

 

「あら!あたしなんて死んだ次の日、

おじいちゃん白い着物着て、

三角の頭に着けるやつ付けてさ、

 

あたしを鎌持って追い掛けて来たんだよ!

まったくもう!(笑)」って。

 

みんなで洒落の効くおじいちゃんだねって

笑ったの思い出した。

 

でもお母さんが羨ましいなぁ。

 

あたしもおじいちゃんにチュウされたい。(笑)

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ