手当てした頃になるとお返しに来る猿

猿

 

これは、山仲間の話。

 

知己の山小屋に泊まり、酒盛りをしていた夜のことだ。

 

玄関の方で物音がした。

 

何だ?と様子を見に行くと、森に『白いもの』が吸い込まれていくのが見えた。

 

それは汚れた包帯の束だった。

 

何か透明な筒にでも巻かれているかのように、ぐるぐる巻きになった布の筒がふらふらと空中を漂っている。

 

小屋から漏れる明かりで見えたのは一瞬で、すぐに木々の間に消えてしまった。

スポンサーリンク

猿の恩返し

「どうした?」

 

振り向くと、小屋の主がつまみを下げて倉庫から戻ってきていた。

 

奇妙なモノがいたと、今見たもののことを話してみる。

 

すると、主は何とも言えない顔になったという。

 

「かなり昔のことだがな、小屋の傍に猿が倒れていたんだ。年取ってて酷い怪我をしていた。群れからはぐれたか、追い出されでもしたんだろう」

 

「つい仏心を出しちまってな。手当てして包帯まで巻いてやった。しばらくは小屋に居ついていたんだがな。そのうち傷が癒えたようで、フイッと小屋からいなくなっちまった」

 

「野生動物ってのは大概、すぐに包帯なんぞ毟り取って外してしまうんだがな。しかしアイツ、何を思ったのか包帯を外さなかったらしい。それから毎年、手当てした頃になるとお返しに来るんだ」

 

そう言って玄関を開け放つ。

 

扉のすぐ外に、さほど多くはないが山の果物や茸が丁寧に置かれていた。

 

へえ、猿の恩返しか。

 

そう和やかな気持ちになったが、一点だけ引っかかる。

 

包帯ははっきりと見えたのに、その中身の猿の姿は何故見えなかったのか?

 

「随分と前のことだって言ったろ。まず、あの猿介は当の昔に死んでるはずだ。あの時分でかなり老けてたからな。お前が見たのは真っ当なモノじゃないんだよ」

 

主は、しばらく森の奥を見つめていた。

 

「もう成仏した方がアイツのためだと思うんだがなぁ」

 

寂しそうにそう言いながら。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ