悪い夢を食べてくれるクモ様

蜘蛛

 

我が家は東北の片田舎にある古い一軒家。

 

ウチでは昔から『クモを大事にする』習慣があって、家には沢山のクモが住み着き、クモの巣だらけ。

 

殺すなんてもっての外で、大掃除の時もクモの巣を必要以上に取ったりしちゃダメと言われていた。

 

兄貴も僕も、学校で掃除中に殺されそうになったクモを、虫かごに入れてお持ち帰りする程度には大切にしていた。

 

おかげで近所じゃ「クモ屋敷」と呼ばれていたけれど、夏場にハエが発生することもなければゴキブリも出ないという有益さも持ち合わせていたので、家族の一員のような感じで生活している。

スポンサーリンク

クモの巣が悪夢をからめ取ってくれる

高校生の時に、クラスメートで授業中の居眠りがひどい奴がいた。

 

話を聞くと、どうも毎晩「悪夢を見る」という。

 

夢の内容は残念ながらあまり覚えていないが、毎日同じ内容で、凄く怖いとのこと。

 

それを見るのが嫌で、結局夜に寝られなくなり、日中居眠りという形で睡眠を取るようになったらしい。

 

「高校三年の夏にそりゃマズイだろ」ということで、仲間内で何とかならないか相談した。

 

そしたら兄貴が留学先で買った土産を持ってきて、「コレ良いんじゃない?」という話に。

 

その土産とは、ドリームキャッチャーという悪夢を見なくするお守りみたいなインディアンの装飾品。

 

「このクモの巣みたいな網目が、悪夢をからめ取ってくれるんだとよ」と兄。

 

「クモの巣で悪夢を取れるなら、クモそのものならもっと良いんじゃない?」と僕。

 

ちょうど我が家はクモ屋敷。

 

というわけで、翌日そいつの家には虫かごに入った我が家のクモ様1匹とドリームキャッチャーが。

 

クモ様が新居に入ったその翌日のこと、そいつは何故か学校を休んだ。

 

「え、まさかクモ様のせいとかじゃないよな?」と不安になり、兄貴と一緒に学校帰りにそいつの家に行ってみた。

 

何かあったらどうしようと不安で仕方なかったのに、なんとそいつは朝から夕方までずっと惰眠をむさぼっており、単に寝坊で学校を休んだだけだった。

 

親御さんもそいつの不眠を知っていたから、可哀想に思って起こさなかったらしい。

 

「なんだか良くわからないけれど悪夢は見なかった。クモ様まじスゲぇ!」と、そいつは興奮気味。

 

「ほれみろ、クモ屋敷だの何だのバカにしやがって!クモ様の本気まじパネェ!超クール!」。

 

輪をかけて興奮気味の我ら兄弟。

 

それじゃクモ様のご尊顔を拝見させていただきましょう、と虫かごをオープンした途端、そいつの手が止まった。

 

「あれ・・・お前らから貰った時、こいつこんなにデカかったっけ・・・?」

 

僕らが渡したクモ様は、指の爪くらいのサイズだった。

 

でも、虫かごに入っていたのは明らかにデカイ。

 

ジョロウグモとまではいかないけれど、渡したクモより2倍以上はデカかった。

 

「もしかして、悪い夢を食ってくれたんかなぁ」

 

そうしみじみと言ったそいつは、それからクモ様が死んでしまうまで、とても大切に飼っていた。

 

最後には虫かごが熱帯魚用のデカイ水槽にグレードアップしていて、冷暖房完備の部屋で餌も十分に貰うクモ様は実に幸せそうだった。

 

今はもうそのクモ様は死んじゃったけれど、未だにそいつからは「クモ様を譲って欲しい」という電話が定期的にかかって来る。

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “悪い夢を食べてくれるクモ様”

  1. 匿名 より:

    ということは、悪夢は続いているんだな

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ