予言を伝える祖父の母

祖父は霊感の強い人で、

 

寝ていると亡くなった母親が

夢枕に立って、

 

色々とこれからの事を

伝えていったそうです。

 

母が言うには、朝食の席で、

「昨夜は母親がこんな事を言いに来たよ」と。

 

その予言を家族に話すことが、

何度かあったとか。

 

予言の一つに、

 

「○子(私の母)はもうじき大阪大学を出た

男の人と結婚するよ」

 

というのがありました。

 

その頃付き合ってる人もおらず、

結婚する意思も全く無かった母は、

 

「何をバカなことを・・・」

 

と思っていたそうですが、

その数ヶ月後に社内恋愛で大阪大学出身の

私の父と結婚したのです。

 

祖父は亡くなる数日前に

病室で母に向かって、

 

「昨夜、母さんが夢枕に立った。

いつも何か言うのに何も言わなかった」

 

と不思議そうに言ったそうです。

 

きっと曾祖母は、祖父がいつも予言を

私達に話すことを知っていたから、

 

私達が悲しまないようにあえて、

何も言わなかったのかな・・・

 

と思っています。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ