一人でワンコのお散歩をしている時にだけ

犬

 

これは今も続いている、ほんのりと怖い体験話。

 

私の家ではワンコを一匹飼っている。

 

そして毎日7時と19時の2回、お散歩に行く。

 

朝は家を出て右に、夜は左に曲がるコースを歩く。

 

だけど、どちらのコースをお散歩していても、歩き始めて20分くらいの所にいつも同じ人が立っている。

 

もちろん、朝と夜は違う場所に。

 

それに、その人が着ている服は女性物だけれど、顔と声はおじいちゃん。

 

見た感じでは80歳くらいかな。

 

背は150センチの私より頭ひとつ分くらい小さいけれど、腰はピンと伸びている。

 

そして、合唱でよく歌われる大地讃頌をずっと歌っている。※大地讃頌(だいちさんしょう)は1962年に書かれており、それほど古い曲ではない。

 

何度か時間をずらしてお散歩してみたけれど必ず居るので、違うコースを歩いてみたりもした。

 

だけど、どちらにせよ家の前の道路は通らないと行き帰りが出来ないから、違うコースで行った時は、その人はその道路に立っている。

 

でも、仕事に行く時もお散歩コースを通るけれど、その時は居ない。

 

誰かと一緒にお散歩に行っても居ない。

 

居るのは、一人でのお散歩の時にだけ。

 

その人を見るようになってからもう2年くらいになるけれど、1回だけ俯いている日があった。

 

その日は、お手玉をニギニギしていて、ジャリジャリとお手玉の音をさせながら、いつもとは違ってアニメのような可愛い声で「フフフッ」と笑っていた…。

 

私がワンコをお散歩するのは平日だけで、土日は父が当番。

 

そして父も、お散歩では毎回その人を見ているようなので、おそらく現世に生きている人だと思う。

 

近所でも特に変な噂とかはなく、後をつけられたりもしていない、何かされたわけでもないけれど、ほんのりと怖い。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ