新着記事

2024-2-23 08:30
親父の命日にあった不思議な出来事
2024-2-21 08:30
塩をまくことになった日のこと
2024-2-19 08:30
懸命な身振りで停車を促す男
2024-2-16 08:30
ふと実家へ帰ろうと思い立ったのは
2024-2-14 08:30
助手席に残る匂いと思い出
2024-2-12 08:30
成長していく骸骨模様の壁のシミ
2024-2-9 08:30
ピアノの音に恐怖した奇妙な夜
※新着記事の投稿は「月・水・金曜」の週3回です
スポンサーリンク

親父の命日にあった不思議な出来事

  うちの親父は俺が中学の終わり頃に亡くなった。   しかし俺は親不孝者なもので、親父の命日などほぼ覚えておらず、今年もすっぱり忘れていた。   これは10年以上前の『親父の命日』にあった出・・・

塩をまくことになった日のこと

  これは、中3の時の体験話。   その頃の俺は勉強するのが快感で、朝から晩までトランス状態で勉強ばかりしていた。   その日も朝から勉強していたが、気づけば家には誰もいなかった。 &nbs・・・

懸命な身振りで停車を促す男

  これは、知人の古川夫妻の話。※仮名   彼らが独身の頃、“ドライブ中の山道で懸命な身振りで停車を促す男性に会った”という。   車通りの少ない山の中、トラブルなら・・・

ふと実家へ帰ろうと思い立ったのは

  金曜日の夜、ふと「土日は連休だし久しぶりに実家へ帰ろう」と思い立った。   実家は今住んでいる場所から車で1時間半程度。   途中、山一つを越えなければならない道のりだ。   ・・・

助手席に残る匂いと思い出

  中古車ばかり乗っていた俺が、7年前に初めて買った新車はボルボ。   納車になるまでワクワクして、「車が来たらカミさんより真っ先に一番に乗せるからね」と、ばあちゃんに何故だか宣言した。  ・・・

成長していく骸骨模様の壁のシミ

  これは、家族で県営の住宅に住んでいた時の話。   俺の部屋の壁には『骸骨のようなシミ』があった。   それは物心がついた頃からあったが、最初は親指ほどの大きさだったのを覚えている。 &n・・・

ピアノの音に恐怖した奇妙な夜

  俺はその日、疲れていた。   テレビを見ながら一人晩酌をしていたのだが、いつの間にか眠ってしまっていた。   暖房器具がタイマー設定になっていたのだろう。   寒さで、ふと目が・・・

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ