滝の傍で巡り会った美女と白い蛇

滝

 

これは、知り合いの男性から聞いた体験談。(以下、男性=堂本さん※仮名)

 

堂本さんはテレビ局の下請けの番組制作会社で、旅番組を作るプロデューサーをやっている。

 

その堂本さんが「某所に良い感じの秘湯がある」と情報を得て、一人で下見のロケハンに行った時のこと。

 

現地でガイドの男性の運転する車に乗り、山奥にある秘湯に向かった。

 

かなりの山奥まで車で行ったあとは、車を停めてさらに徒歩で山の中へ進むのだが、入り口には鳥居が立っていたそうで。

 

獣道のような山道を1時間半ほど登り、ようやっと秘湯にたどり着いた。

 

湯が出ている周りは、登山家たちの有志によって枠が作られ、緑の木々に囲まれた露天風呂のようになっている。

 

タレントさんが来れば良い画になりそうだと満足していたところ、その傍に川の流れる音がした。

 

ガイドの話では、近くに川が流れていて、さらに上流には滝もあるという。

 

ただ、滝まで行くには道がなく、川の脇のかなり危険な崖を登って木々の間を抜けるしかないらしい。

 

堂本さんはそれでも番組で使えるインサート映像が撮れるんじゃないかと、ガイドを伴って登っていった。※インサート=挿入

 

数十分登ったところで、木々の間から数メートルほど先に滝が見えてきた。

 

そう大きな滝ではなかったが、滝下には自然に囲まれた滝壺があり、神秘的な感じを醸し出していた。

 

それに、そこは滅多に人が訪れるような場所ではないのに、滝壺の中に動く人の姿があった。

 

よく見るとそれは、二十歳前後の美しい女性で、しかも全裸で水浴びをしている。

 

木漏れ日を浴びてキラキラ光る濡れた肌は透き通るような白さで、まるでこの世のものではない森の中の妖精のようにさえ感じた。

 

気付かれないように木の間からそっと覗き込みつつ、堂本さんは撮影用のカメラを滝壺に向けて撮り始めた。

 

隣りではガイドの男性も息を飲んでその光景を見つめていた。

 

時間が経つのも忘れるくらいの数分が過ぎた時、滝壺で泳ぐ美女は堂本さん達の気配に気付いたような素振りを見せた。

 

堂本さん達も盗撮していたようでマズいと思い、身を隠すように後ずさりして、そのままその場から離れた。

 

やがて獣道を下り、停めてあった車の場所まで戻って山を下り、旧民家を改造した民宿やその他の予定のロケハンを済ませて帰路についた。

 

そして会社に戻って撮ったビデオをチェックしていると、あの滝壺の部分を見て驚いた。

 

映像には滝と滝壺だけで、そこにはあの美女がまったく映っていない。

 

よく見ると、滝壺の水面を一匹の『白い蛇』が優雅に泳いでいるだけだった。

 

堂本さんはあの滝壺での出来事のあと、車の中でガイドの男性が話していたことが気になっていた。

 

あの辺りの伝承で、「その昔、山を越えようと道に迷った行商人が滝の傍で野宿をしていた時、一人の美しい女が現れて一晩中もてなしをしてくれ、気付くと朝になっていたが傍には一匹の白い蛇が見ていた」という話が残っているのだそう。

 

結局、この旅番組は没になり、あの場所を再び訪れることもなかった。

 

しかし堂本さんは、あの滝壺の美女をもう一度見ることが出来ないだろうかと思い、時折あのビデオを見返しているのだという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ