夕暮れに迷い込んだ空き家での怪

廃屋

 

これは、未だによくわからない体験話。

 

小学校低学年の頃、両親の用事で知り合いのおばちゃんの家に一晩預けられた。

 

そこの家は柴犬を飼っていて、俺は暇つぶしにと、昼間に着いた早々その犬を連れて散歩に出かけた。

 

だが、土地感のない所をやたらめったら歩き回ったせいで、迷子になってしまった。

 

内気で恥ずかしがり屋だった俺は、他人に話しかけることもできず、連れている犬は役に立たないしで、ウロウロしているうちに夕暮れ近くに。

 

しかも、ある場所を通りかかった時、急に犬が足を踏ん張って動かなくなってしまった。

 

仕方なく犬を抱えて歩き出したのだが、見かけによらず異様に重たい犬だったような覚えがある。

 

そうやって右往左往していると、右側に2軒つながりのような『空き家』があった。

 

当時は昆虫集めに凝っていた俺は、「カマキリとかいないかぁ」と犬を引きずって、草がボーボーの空き家の庭に入り込んだ。

 

そうしてしばらく草をかき分けているうちに暗くなっていて、「これはヤバい」と思って顔を上げた時だった。

 

空き家のほとんどの窓は雨戸まで閉まっていたのだが、自分から見て玄関を挟んで向こう側の窓の雨戸だけが少し開いていて、そこから女の人が顔を突き出しているのが見えた

 

顔つきはよく覚えていないが、おそらく女の人で、両目を閉じたまま顔を左右に振っていたと思う。

 

かなり気味の悪い動きだった。

 

俺はビクッとなったわりに声も出ないまま少し腰を抜かしたが、一目散に空き家から飛び出した。

 

それからは、どうやっておばちゃんの家までたどり着いたのか、まったく覚えていない。

 

ただ、おばちゃんに半泣きで空き家の女の人こと言った途端、おばちゃんは怒り出し、訳もわからずすぐさま頭をバリカンで丸坊主にされた。

 

その後、知らないおっちゃんを連れてくると、呪文みたいなものを聞かされ、出かけていたはずの両親も急遽呼び出されたりして、結構な大事になった。

 

以来、おばちゃんの家には一度も行っていないが、あの犬は結局帰って来なかったと思う。

 

ふと最近になって思い出したのだが、あれは一体なんだったのだろう。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ