いつも君を見てるから

パソコンを買った当初、

私は一日中ネットに興じていました。

 

私がパソコンの液晶モニターと

にらめっこしていると、

 

背後からから誰かに見られている

ような気配を感じました。

 

しかし、

 

後ろを振り返っても

誰もいない。

 

気のせいだと思って、

再びパソコンに興じ始めました。

 

午前2時も回り、

 

そろそろ寝ようかと思って

パソコンの電源を落としました。

 

電源が落ちて黒くなった

液晶の画面の埃が、

 

指ですり取られていた。

 

そう、それは雨の日の

曇りガラスに文字を描く様に、

 

「いつも君を見てるから」

 

・・・と。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ