廃墟となった呪われた館

友達は心霊スポットなるものに

行くのが好きで、

 

よく俺を誘ってくる。

 

今日は、どこで見つけたのか、

知らない廃墟へ行くことになった。

 

「なんだか出そうな

雰囲気だな・・・」

 

「出るわけないだろ」

 

適当な会話をしながら、

俺たちは廃墟に入っていった。

 

部屋の中には家具など何もなく、

ただ壁に血で書かれた文字があった。

 

「なんだこれ・・・

気味が悪いな・・・」

 

「”この館は呪われている”・・・か。

馬鹿馬鹿しい」

 

「なぁ・・・もう帰ろうぜ」

 

「あぁ、

 

特に何もないみたいだし

・・・帰るか」

 

俺たちはすぐに廃墟を出た。

 

「お前焦りすぎだろ。

 

危うく置物に躓きそうに

なってたし(笑)

 

「も、もういいだろ・・・(笑)

 

「でも、何もなくて

拍子抜けだな」

 

「そうだな」

 

(終)

解説

家具も何もないのに、

置物に躓くなんて・・・。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ