ゴミ袋に包まれた鍋の中から

両手鍋

 

これは、奇妙な体験をした話。

 

近所の工場付近の交差点に、随分と前から『ゴミ袋に包まれた鍋』が捨てられている。

 

左右に取っ手が付いた、よくある金色のアルミ鍋。

 

こんなところに鍋ごと捨てるなんて、どれだけ中身がヤバイのだろう…。

 

いや、よく工場の人がこの辺りで休憩しているから灰皿代わりなのか?

 

そんなことを色々と考えていた。

 

あれは、雨の日の夜だった。

 

近所の飲み屋から酔っ払って帰ってくる道中、やはり投棄されている鍋がいつものように視界に入った。

 

いつもは素通りするのだが、酔っ払っていると無意識に行動力がつくのか、「中身を見てみるか」という気分に。

 

夜中、それも雨に打たれ、街灯の明かりを反射して妙な雰囲気を醸し出している鍋。

 

私はゴミ袋を開け、鍋蓋のつまみを持ち、そっとずらす。

 

ガッ!!

 

一瞬、目を疑った。

 

鍋の中の暗黒から、青白く枯れ枝のような手が飛び出し、鍋のふちを音を出すような勢いで掴んだのだ。

 

その直後、こんなに速く自分が走れたのかと思うような早さで走り帰った。

 

そんなことからしばらく経ったが、まだ鍋はそこにある。

 

蓋も完全に閉まった元の姿で。

 

とりあえず、夜はその道を通らないようにしているが…。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ