ちょっといい怖い話 (一覧)

キジバトに情が移ってしまった俺 2/2

前回までの話はこちら 近所の駐車場のようなところで、キジバトが車に轢かれていた。   もう死んでいたと思う。   よく見ると、片足が無かった。   なぜか、これはハトマンだという確信があった・・・

キジバトに情が移ってしまった俺 1/2

  小学校の時の話だから、少しうろ覚えだが赤裸々に語る。   家の庭に大きなビワの木が植わっているのだが、そこによく鳥などがやって来る。   野良猫も沢山いて、よく鳥を狙っているのを見たこと・・・

ばーちゃんと牛の貯金箱

  小学生の頃、両親共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のばーちゃんの家に入り浸っていた。   血縁者ではないが一人暮らしのばーちゃんは、俺にとても良くしてくれたのを覚えている。  ・・・

孤独だった学生時代の話 2/2

前回までの話はこちら 高校も、俺と彼女は同じところに行った。   彼女との電車通学は本当に楽しかった。   彼女のおかげで、俺は少しずつだが自分を取り戻せている気がした。   彼女がお母さん・・・

孤独だった学生時代の話 1/2

  重い内容で長い話になりますが、孤独だった俺の話を暇潰しに聞いてください。   小学5年生の時、交通事故で両親を亡くして祖父に引き取られた。   その時から俺の時間は止まってしまったように・・・

霊場として知られる恐山に伝わる民話

  これは、青森県にある恐山の辺りに伝わっている民話の一つ。   恐山は日本有数の霊場としてあまねくその名が知られており、古くから「ここに来ると死んだ者に再会できる」との言い伝えがあった。 &nbsp・・・

音楽室でオルガンを弾いていたら

  昨年定年退職した祖父が聞かせてくれた話。   祖父は若い頃、近畿地方のある小学校で教師をしていた。   その小学校に赴任して初めての夏休みの事。   音楽が趣味の祖父は、時々早・・・

サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ